スポンサードリンク



ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書・動画フルを日本語字幕で今すぐ視聴!

この記事が気にいったら共有してください♪

映画「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」は、メリル・ストリープ×トム・ハンクス! 2大オスカー俳優が奇跡の初競演!ワシントン・ポストの女性経営者キャサリン・グラハムと、ワシントン・ポスト編集主幹ベン・ブラッドリーの、上司・部下の関係を超えて描かれる熱い絆や葛藤を、臨場感あふれる熱演で再現しています!日本語字幕動画、しかもフルで今すぐ視聴する安全な方法をご紹介します!映画「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」の動画をフルで今すぐ視聴してみましょう。

⇓⇓今すぐ見たい方はコチラ//⇓⇓

⇒ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書を今すぐ見る

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書の魅力と、「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」を動画フルで今すぐ視聴できる方法をご紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください!

スポンサードリンク



ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 あらすじ

人気映画「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」のあらすじを見ていきましょう!

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の面々は、報道の自由を統制し記事を差し止めようとする政府と戦うため、ライバル紙であるNYタイムズと時に争いながら連携し、政府の圧力に屈することなく真実を世に出そうと決断する―。

引用:https://filmarks.com

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 キャスト紹介

メリル・ストリープ


引用:https://www.vogue.co.jp

生年月日:1949年6月22日(69歳)
出生地:アメリカ合衆国、ニュージャージー州サミット
国籍:アメリカ合衆国
身長:168cm
活動期間:1977年 –

<主な作品>
『ディア・ハンター』『クレイマー、クレイマー』『フランス軍中尉の女』『ソフィーの選択』『愛と哀しみの果て』『永遠に美しく…』『マディソン郡の橋』『アダプテーション』『プラダを着た悪魔』『マンマ・ミーア!』シリーズ『ダウト〜あるカトリック学校で〜』『ジュリー&ジュリア』『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』『イントゥ・ザ・ウッズ』『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』などに出演しています♪

【キャサリン(ケイ)・グラハム役】

トム・ハンクス


引用:laughy.jp

生年月日:1956年7月9日(61歳)
出生地:アメリカ合衆国カリフォルニア州コンコード
身長:185cm
職業:俳優、プロデューサー、映画監督、脚本家

<主な作品>
『スプラッシュ』『ビッグ』『フィラデルフィア』『めぐり逢えたら』『フォレスト・ガンプ/一期一会』『アポロ13』『トイ・ストーリー』シリーズ『プライベート・ライアン』『グリーンマイル』『キャスト・アウェイ』『ターミナル』『ポーラー・エクスプレス』『ロード・トゥ・パーディション』『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ『キャプテン・フィリップス』『ブリッジ・オブ・スパイ』『ハドソン川の奇跡』『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』などに出演しています♪

【ベン・ブラッドリー役】

キャスト 他

サラ・ポールソン:トニー・ブラッドリー
ボブ・オデンカーク:ベン・バグディキアン
トレイシー・レッツ:フリッツ・ビーブ
ブラッドリー・ウィットフォード:アーサー・パーソンズ
ブルース・グリーンウッド:ロバート・マクナマラ
マシュー・リス:ダニエル・エルズバーグ
アリソン・ブリー:ラリー・グラハム・ウェイマウス
ジョン・ルー:ジーン・パターソン
デビッド・クロス:ハワード・サイモンズ
フィリップ・カズノフ:チャルマーズ・ロバーツ
リック・ホームズ:ミュリー・マーダー
パット・ヒーリー:フィル・ジェイリン
キャリー・クーン:メグ・グリーンフィールド
ジェシー・プレモンス:ロジャー・クラーク
ザック・ウッズ:アンソニー・エセー
ブレント・ラングドン:ポール・イグナシウス
マイケル・スタールバーグ:エイブ・ローゼンタール
ジャスティン・スウェイン:ニール・シーハン

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 予告動画

予告動画があるので、興味のある方はぜひ見てみてください♪

今すぐ見たい方はコチラ//
⇒「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」をすぐにみる

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 見た方の感想

意外な事に初共演だというメリル・ストリープとトム・ハンクスを主演に迎えたスティーブン・スピルバーグ監督作。1970年代、ベトナム戦争に関する極秘文書の存在をスクープする作品...だと思っていたら、報道の自由を主張して情報の獲得に奔走して白日の元にしようという新聞社側の信念に満ちた行動と、それをもみ消そうとする政府の圧力との闘いを描いた作品だった。脚本、演出、全てが素晴らしいが、やはり俳優の演技が素晴らしかった。といっても主演の二人だけではなく、脇を固める新聞社のスタッフや弁護士、関わった政治家や政府の職員など、全ての人々の演技が素晴らしく、重厚な社会派ドラマとなっていました。主題が終わってのラスト、そこまで描くか!と驚いた程の緻密さとサービス精神(?)は、さすがスピルバーグ。圧巻でした。

真実を伝えることは時に危険。だけど報道の自由を守るために、自分の人生をかけてまで政府と戦う様子は、仕事に対しての深い愛と熱意が感じられた。女性初の新聞発行人として、男性たちに白い目で見られる時も、つねに凛とした態度で立ち向かうキャサリンの姿には、同じ女性としていて背中がしゃんとした。サラ・ポールソンをもっと出してくれ!

トム・ハンクス演じるベン・ブラッドリーは当初から機密文書の暴露に積極的な辣腕主幹として描かれているが、グラハム婦人は銀行から手を引かれた時の新聞社の存続、裁判で政府に敗訴すれば社会から葬り去られることなどから決意が揺らぐ。そのあたりのメリル・ストリープの演技は流石に巧い。しかしジャーナリストの使命に駆られた2人が紙面での文書公開に踏み切ったところから作品の構成は序破急に喩えれば急の部分に入り、スリルに満ちた急展開が見どころだ。また当時の新聞がタイプライターで編集され、活字を拾って印刷機に回される過程を映し撮った一連のシーンは、1970年代であればあざとい手法かもしれないが、現代ではかえってストーリーの進行に拍車をかける効果を上げている。こうしたところにもスピルバーグの映像感覚への鋭さが表れている。

オスカーは作品賞候補どまりでしたが、これが作品賞でもおかしくはないかな、とおもいました。届かなかった理由のひとつは、スピルバーグ&ハンクスのコラボに新鮮さはもはや感じることは無理であったこと、数年前オスカー作品賞に輝いてしまった!やはりメディアの勇気を描いたあの「スポットライト」とどうしても比較せざるをえなかったことがあるでしょう。「スポットライト」は秀作でしたが、これが先にでていたらどうなったでしょう。そしてネタバレは避けますが、必ずしも後味のよいエンデイングとはいえない、ことも関係したかもしれません。ただしそのエンデイングこそが、「リンカーン」でスピルバーグがあえて歴史的に有名な劇場での狙撃シーンを撮らなかったこととも重なって、監督がいいたかったことのような気がしてならず、ラストまでぜひとも“油断せずに!”この重厚な作品を味わってご鑑賞いただきたいものと思います。

メリル・ストリープの女優力がすごい。。内容は難しかったけど、仕事をするって決断の連続で、とっても難しいよなあ、、と感じる映画でした。あれだけ自分も仕事に対して熱意あったらいいのになあ。。

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 スタッフ

監督
スティーブン・スピルバーグ

製作
エイミー・パスカル
スティーブン・スピルバーグ
クリスティ・マコスコ・クリーガー

製作総指揮
ティム・ホワイト
トレバー・ホワイト
アダム・ソムナー
トム・カーノウスキー
ジョシュ・シンガー

共同製作
レイチェル・オコナー
リズ・ハンナ

脚本
リズ・ハンナ
ジョシュ・シンガー

撮影
ヤヌス・カミンスキー

美術
リック・カーター

衣装
アン・ロス

編集
マイケル・カーン
サラ・ブロシャー

音楽
ジョン・ウィリアムズ

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 作品データ

原題
The Post

製作年
2017年

製作国
アメリカ

配給
東宝東和

上映時間
116分

映倫区分
G

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 公式ツイッター

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 動画をフルで今すぐ視聴する方法!

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書の動画をフルで今すぐ視聴する方法は、TSUTAYA TVで見ることです。TSUTAYAは有名なのでご存知の方も多いと思います。TSUTAYAは映画やドラマを配信する権利を著作者から許可を得ています。動画を公式で視聴できるので、ウイルスの心配や、画質が悪かったりしません。安心安全に視聴することが出来ます♪

登録も簡単に出来て、すぐに利用することができます。登録後1か月は無料で楽しむことができるので嬉しいですよね~。動画配信サービスの動画見放題プランで、新作・準新作を除く対象作品約8,000タイトルが見放題のサービスです。

配信されている作品の数は日本国内・国外のものは国内最大級なので、お好きな映画やドラマが必ず見つかるでしょう。私も映画やドラマが大好きなので、もちろん登録していますよ!

TSUTAYA TVに登録すると、1,080円分相当が視聴できる動画ポイントつきなので、ポイント内ならお金をかけずに動画を簡単に楽しむことができます!

<TSUTAYA TVのオンライン動画配信サービス>
30日間の無料期間は「動画見放題プラン」に入って無料で動画を見ることができます。動画見放題プランでは新作・準新作以外の「動画見放題」と書かれている作品は全て見放題で、それに加えて1080ポイントが無料でもらえるのでそのポイントを使って新作・準新作の映画も見ることができるんです!映画、ドラマ、アニメ好きには堪りませんよね!ネット環境が整っていればオンライン動画配信サービスがおすすめです♪動画見放題プランは、月額料金で933円がかかります。しかし!! 最初の30日間は無料でポイントももらえてしまうので、新作・準新作も無料で好きなだけ楽しめるということです!※動画見放題プランは、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約8,000タイトルの中から見放題作品をお楽しみいただけるものです。

<簡単3ステップ!>
①スマホで予約
②郵便受けにBD/DVDが届く
③視聴後、ポストに返却たったこれだけ!つい返却を忘れてしまうことってありますよね?もう慌てて返しに行くことはありません。入会金・送料・延滞金が0円なので、安心して利用することができます。

<ココがおすすめ>

  • 初回は30日間無料なのでお試しでもOK♪
  • TSUTAYAのほぼ全作品が自宅で見れる!
  • レンタルだけでなく動画も見られるので返却が面倒な人にもおすすめ!
  • 入会金・年会費ともに無料
  • 動画見放題!
  • 無料期間中も借り放題!
  • 過去のマニアックな作品、B級映画まで楽しめる!

<宅配レンタル>
私が便利だと思うのが「宅配レンタル」というところです。小さな子供が2人もいると、出掛けるのも一苦労なんですよね。しかしTSUTAYA TVなら家のポストに届けてくれるんです。返却も自宅近くのポストに投函すればOK!これなら返却だって子供と一緒にお散歩感覚で出来るので、とっても助かっているんです。忙しいママや、自宅近くにレンタルショップがない人や、出掛けるのが億劫な時だったり。本当にありがたいサービスです。こちらも月額1,865円が普通はかかってしまうのですが、最初の30日間は無料ですので本当にお得ですよね!主婦はお得に弱いんです(笑)お店に借りに行くのが億劫な人にはピッタリ♪DVDは新作・準新作も関係なく8枚まで借りることができます。(9枚目からは新作だけ無料になります。)1回につき2枚入る封筒でご自宅のポストに同時に届けてくれます。

⇓⇓TSUTAYA TVに簡単無料登録⇓⇓//

⇒ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書を今すぐ見る

登録する手順!

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書の動画をフルで今すぐ視聴するために、TSUTAYA TVに登録する手順をご紹介いたします。とっても簡単に登録が出来ますよ♪

「TSUTAYA TVの公式サイト」から中央にある「まずは30日間無料お試し!>」をクリックします。次に個人情報を入力していきます。

  • お名前
  • メールアドレス
  • パスワード(半角英数6文字以上)
  • 決済方法選択(クレジットカード、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い)

入力が終わったら、下にスクロールして「会員登録する」をクリックします。確認画面が表示されるので、表示された内容を確認して、一番下の「この内容で申し込む」をクリックします。これだけで登録は完了です。クレジットカードをお手元に用意しておくと登録もスムーズです。

「30日間無料お試し」が終わったら、月額933円(税抜)で動画視聴ができます!初月登録は無料になります。※ご登録時はクレジットカード決済のみとなっております。

初月から、毎月付与されるポイントを使用すると、新作映画(1本400~700ポイント)を無料で視聴することが出来ます。アニメやドラマ、映画など幅広い配信数を誇り、知名度も抜群です。

※無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

今すぐ見たい方はコチラ//
⇒「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」をすぐにみる

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書を違法アップロードされた動画で観る!

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書を違法アップロードされた動画で観るのは大変危険です。「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」を無料で見たいからといって、PandoraやDailymotion、YouTubeなどの動画共有サービスで探していませんか?実は、動画共有サービスにアップロードされている違法な動画を見ることは違法なんです!そして、とても危険な行為です。

実際に私も「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」で検索してみたところ、「著作権侵害で視聴することができません」と表示されてしまいました…。検索して出てきたのがこちらです。

  • 動画配信サービスに誘導するだけの動画
  • ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書のメイキング動画
  • ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書の番組宣伝動画
  • 視聴した感想がテキストで流れる動画
  • 視聴した感想が音声で流れる動画
  • ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書の予告
  • ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書のダイジェスト

アナタは予告やダイジェストが見たいですか?アナタが見たいのはペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書の本編の動画をフルで見たいのですよね。アップロードするのも視聴するのも違法になります。海外の違法動画アップロードサイトにはウィルスが仕込まれている場合があります。動画を視聴しようとすると個人情報を抜き取られてしまったりと、たったワンクリックで簡単に起こってしまう可能性があります。他にも、パソコンにウィルスが入ってしまいデスクトップ上に広告が表示されて消えなかったり、操作出来なくなったりすることもあります。「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」を見たいだけなのにウイルスに感染したくないですよね。

<無料で動画を見るデメリット>
無料で動画を見るデメリットを見てみましょう。

  • 怪しいポップアップ広告が出る
  • 画質が悪い
  • 音声が悪い・聞き取りにくい
  • 途中1話分だけ抜けている
  • 動画の途中で終わる
  • 画面の1/4くらいになっていて見にくい
  • ウイルス感染の危険
  • ページ読み込みが遅い

この様な状態だと、イライラするし映画やドラマに集中して楽しむことが出来ないですよね。1話から順調に見ていたのに途中の7話と10話だけ削除されていた…など続けて見れないし、抜けているからストーリーも繋がりません。途中のストーリーも気になりますよね。お目当ての作品を探すのも時間がかかるし、ウイルス感染の危険性だってあります。

違法にアップロードされたものを、罪を犯してまで視聴しますか?安全で公式な動画配信サービスがあります。そこで視聴しましょう!

安全に動画を見たい方はコチラ//

⇒ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書を今すぐ見る

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 動画配信サイト他には?

動画を公式で視聴できできて、ウイルスの心配もなく、安心安全に視聴することが出来ということで「TSUTAYA TV」をご紹介してきました。しかし、他にも安心安全に見ることができる動画配信サイトもあります。

U-NEXT

⇓⇓コチラから⇓⇓

配信本数はなんと120,000本以上!

しかも毎月2,000本以上が更新されます。!

まずは、31日間お試ししてみてはどうでしょうか。

dTV

⇓⇓コチラから⇓⇓

dTVでは映画・ドラマ・アニメ・音楽など、18ジャンル、12万作品を配信しています!

月額500円(税抜)で全作品を見ることができます!

Hulu

⇓⇓コチラから⇓⇓

ヒット映画やテレビ番組を豊富に取り揃えています。

月額933円(税抜)で全コンテンツを見ることができるのが魅力です。

数百本以上の長編映画や数千本以上のテレビ番組があります。

FODプレミアム

⇓⇓コチラから⇓⇓

フジテレビ動画が豊富!しかも独占タイトル5,000本以上!

雑誌やコミックも楽しめる!無料お試し期間後も、月額888円で全て見放題です!

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 他にも見れる作品は?

映画「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」の他にも、TSUTAYA TVでは色んなものが見れるんです!

⇒ウォリアー・ゲート 時空を超えた騎士

⇒彼女が目覚めるその日まで

⇒グレイテスト・ショーマン

⇒8年越しの花嫁 奇跡の実話

⇒覆面系ノイズ

まだまだたくさんあります!!配信されている作品の数は日本国内・国外のものは国内最大級!アナタの見たいものが必ず見つかるでしょう。動画配信もあるので、スマホやパソコンでどこでも見れるのも嬉しいポイントですよね!

⇓⇓TSUTAYA TVに簡単無料登録⇓⇓//

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 実際にウイルス感染した人!

実際にウイルス感染した人は数多くいます。

素人ではなかなか治すのも難しいです。お店に持っていけば修理費も掛かります。最悪の場合は買い替えることになる場合も…。被害が出てからでは手遅れなんですよね。

警告音がなり、ウィルスに感染しました!以下の連絡先に電話して、サポートを受けるように言われました。
マイクロソフトのソフトウェア専門家
画面もマイクロソフトのロゴ入りのサポートセンター画面に切り替わり、画面がかわらなくなります。
半信半疑で、電話をしてしまいました。電話はすぐにつながり、遠隔操作で、ウィルスを除去します‼️と言われ
もし、偽者なら?と質問をしましたが、安心して下さい。私達はソフトウェアの専門家です。ウィルスを除去しないと危険とくりかえされ、信用できないから切りました。

その後慌ててパソコンは強制終了しましたが、この後普通にまた立ち上げて、パソコンを使用しても大丈夫なのでしょうか?ウィルスバスターはインストールされていますが、なにも反応しなかったのに、警告音が鳴ったので、変だとも思いました。スマホから電話をしたので、電話番号を通知しとまいました。電話番号からスマホの情報を取られてしまうことはあるのでしょうか?念のため電話番号等は変更した方がいいのでしょうか?何方かアドバイスをお願いいたします。 引用:https://answers.microsoft.com/

凄く手が込んでいますよね!!明らかに怪しいですが、「電話」ということで騙されてしまう人もいると思います。他にも、「Adobe Flash Playerの最新版を入手してください。」と表示されたり、遠隔操作に持ち込もうとして来たり、スパムサイトに移動させたりと、巧みに誘導してきます。このような方法でウイルス感染したりする事例もあるんです!

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 著名人のコメント!

自分達の思いを極限まで追い求める真摯な姿に共感。
「自分は何のためにこの仕事をしているのか?」
働くことの意義を今一度立ち止まって考えるきっかけになった。
片桐仁
お笑い芸人/俳優

小さな善意が集まって、小さな決断が次々と成され、ある時いっきに巨悪を打ち破る。その感動は比類ない。日本でも今こそこういう映画が撮られるべきだと思った。
黒沢清
映画監督

私(わたくし)という立場を守ることと、「ジャーナリスト」としての立場は違う。それを知っていればこそ、この作品の重みがわかる。
小島慶子
エッセイスト

公共性と商業性のバランスをどう取るか。これはメディアにとって永遠の課題。
本作が優れているのは、その狭間で苦悩する姿にまで切り込んでいるところだ。
津田大介
ジャーナリスト

こんな簡単な事が、何故忘れられているのだろう。
ジャーナリストが仕える相手は、
政府でも株主でもなく、「真実」なのだ。
堤未果
国際ジャーナリスト

自分たちが“今考えるべき”問題を扱っている作品。
一部の人の話、遠い話ではなくて、自分事としてきちんと受け止めて自分の頭で考えるきっかけになる。
中井美穂
アナウンサー

「完璧な映画が、正しい主張をする」一見当たり前のことが、こんなにも心を揺さぶるとは…全ての人が観るべき。特に日本人
中原昌也
作家/ミュージシャン

報道を積極的に弾圧する姿勢は、今の政権とメディアとの関係にそのまま変換できる。スピルバーグ監督の狙いもそこにあるはずだ。
パトリック・ハーラン
お笑い芸人/タレント

高貴なる報道の自由とスクープ合戦を描いた映画のザ最高峰。「大統領の陰謀」を壮快にしのぐ映画史に残る名作だ。
「アメリカのビジネスはビジネスVSアメリカのビジネスは公の善行(パブリック・グッド)」という古典的な魂の相克(アンビヴァレンス)が光り輝いている。
「ニクソン」を「トランプ」に置き換えて見れば「今」を描いた映画でもある。映像アプローチは、演技の流れ中心の長回しが多く、俳優陣の見事なアンサンブルを真摯に記録している。
「自家製レモネード付の編集会議」エピソードは「スピールバーグ・オペラ」ともいうべき大きな見せ場。マエストロの巧みに唸った。ヒッチコックへのオマージュも見え隠れする。女神メリルの真実を創造する演技力には心が震え、涙涙そして涙。まだ始まったばかりの2018年度マイ・ベスト・ワン!
原田眞人
映画監督

チョな男の世界で見事なリーダーシップを発揮した一人の女性の話としても、腐敗した権力に立ち向かうメディアの話としても、まさに今、皆に見て欲しい映画です。
これは半世紀近く前のアメリカの実話ですが、現在の日本でも変わらないリアリティが感じられます。民主主義とは何か、改めて考えさせる力作です。
ピーター・バラカン
ブロードキャスター

痛恨の判断ミスを隠すエリート。追及する正義のメディア。その構図は私たちの時代にまだ生きているだろうか。
三浦瑠麗
国際政治学者

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書・動画フルを日本語字幕で今すぐ視聴!まとめ

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書・動画フルを日本語字幕で今すぐ視聴!を見てきましたが、いかがだったでしょうか?
スティーブン・スピルバーグ監督がメリル・ストリープ、トム・ハンクスの共演で描く社会派ドラマです。ぜひご覧ください!

※動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。