スポンサードリンク



オクニョ 運命の女(ひと)・日本語字幕で動画をフルで今すぐ視聴できる!

この記事が気にいったら共有してください♪

韓国ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」を日本語字幕や吹替え付き動画で、しかもフルで無料視聴する安全な方法をご紹介していきたいと思います!!オクニョ 運命の女(ひと)のドラマ日本語字幕や吹替え動画をフルで見たいと思っている方、必見です!監獄で生まれ育った女性オクニョが、数々の困難に立ち向かい、愛と人生を取り戻す波乱の物語を日本語字幕のフルで無料視聴してみましょう!

⇓⇓今すぐ見たい方はコチラ//⇓⇓

⇒オクニョ 運命の女(ひと)を今すぐ見る

オクニョの基本情報から魅力、そして韓国ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」を日本語字幕で動画フルを無料視聴できる方法をご紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください!

スポンサードリンク



Contents

韓国ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」のあらすじ

韓国ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」のあらすじを、さっそくご覧ください!

オクニョは、高貴な身分を持ちながら訳あって牢獄で生まれ育ちました。彼女の人生は、生まれたときから波乱万丈に満ちていました。自分を産んでくれた母親とは生まれて間もなく死別し、父親もどこにいったのか行方不明です。両親の愛を受けることができず、オクニョは牢獄の中で変わった男たちと暮らしていくことになります。

一方、牢獄にはさまざまな能力や個性を持った男たちがいて、オクニョは彼らからいろんな知識や技能を教わります。そうしてたくましく育っていくオクニョに、あるチャンスが巡ってきます。それは、”明国の特使を抹殺する”という諜報員の仕事でした。

オクニョは躊躇しますが、それ以上に”母親の死の真相”を知りたいという気持ちが勝り、ついに諜報員になる決意をします。やがてオクニョは二人の男性と出会い、熱い恋を演じることになります。どちらもオクニョを大切にしてくれる優しい男性ですが、オクニョはどちらかを選ばなければなりません。

韓国ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」のキャスト紹介

チン・セヨン

引用:tv-ranking.com

生年月日:1994年2月15日(23歳)
出生地:韓国ソウル特別市
身長:167cm
血液型:B型
職業:女優、モデル

<主な作品>
『蒼のピアニスト』、『愛の言葉』

【オクニョ役】
昭格署(ソギョクソ)の道流(トリュ)です。明るく元気で聡明な女性。典獄署(チョノクソ)で生まれ育ち使用人として働いていました。囚人たちから幅広い知識や武芸を学びます。刺客に襲われ、自分を出産した直後に亡くなった母の死の真相を知りたいと願っています。恩師パク・テスをユン・ウォニョンに殺されてしまいました。チョン・ナンジョンの陰謀で罪人として地方の役所に送られましたが、機転を利かして道流に採用され都に戻ってきました。密かに商団を始めます。

コ・ス

引用:beautifulasianguys.blogspot.com

生年月日:1978年10月4日(39歳)
出生地:韓国 忠清南道 論山市
身長:177cm
血液型:A型
職業:俳優

<主な作品>
『家に帰る道』『尚衣院 サンイウォン』『ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女』

【ユン・テウォン役】
平市署(ピョンシソ)の署長で、ユン・ウォニョンの側室の息子です。頭脳明せきで腕っ節が強く、コン・ジェミョンの商団で仕事を任される一方、妓楼「素素(ソソ)楼」の主人を務めていました。幼いころに、チョン・ナンジョンのせいで側室の座を追放された母を病で亡くしています。母と自分を捨てたユン・ウォニョンとチョン・ナンジョンへの復讐(ふくしゅう)を心に誓い、そのために富と権力を手に入れたいと考えています。父ユン・ウォニョンから官職に就けてやると言われ、力を得るために提案を受け入れ、平市署の署長になりました。

ソ・ハジュン

引用:http://hanryu.zaikei.co.jp/article/20140121/17704.html

生年月日:1989年9月19日(28歳)
身長:179cm
体重:70kg
職業:タレント、俳優、モデル

<主な作品>
『グッバイ…そしてハロー』

【明宗(ミョンジョン)役】
朝鮮王朝、第13代王です。第11代王、中宗(チュンジョン)と文定(ムンジョン)大妃(テビ)の息子です。異母兄である前王が亡くなった後、幼くして即位しました。長年に渡り摂政を務めた母親の大妃とその一派に実権を握られていたが、自ら王としての役目を果たすべく動き始めます。お忍びの外出で出会ったオクニョには、「王の密使」だと身分を偽っています。

チェ・テジュン

引用:wowkorea.jp

生年月日:1991年7月7日
出身地:ソウル特別市
結婚可否:未婚
出身校:中央大学演劇学科
身 長:183cm

<主な作品>
『お願い、ママ』『春の輪舞曲<ロンド>』『ドラマの帝王』『パダムパダム-彼と彼女の心拍音』

【ソン・ジホン役】
元高官で、パク・テスの孫です。幼くして地方の豪商の養子となり、素性を知らずに育ちました。ユン・シネの縁談相手でしたが、ユン・ウォニョンが実の祖父パク・テスの敵と知って破談にしました。祖父の遺品である明の皇帝の勅書を見つけて持っています。養父をユン・ウォニョンとユン・テウォンのせいで亡くし、2人への復讐(ふくしゅう)を誓っています。官職を離れ、オクニョと密かに商団を始めます。

<キャスト他>

キム・スヨン:ユン・シネ役
ユン・ウォニョンとチョン・ナンジョンの娘です。わがままで生意気。縁談相手だったソン・ジホンのことが忘れられません。

パク・チュミ:チョン・ナンジョン役
ユン・ウォニョンの正妻です。野心的な策略家で、芸妓からユン・ウォニョンの側室になりました。

チョン・ジュノ:ユン・ウォニョン役
文定(ムンジョン)大妃(テビ)の弟で、ユン・テウォンの父です。

キム・ミスク:文定大妃(ムンジョンテビ)役
国王、明宗(ミョンジョン)の母で、先々代王、中宗(チュンジョン)の3番目の正室です。

イ・スンア:ハン尚宮(サングン)役
明宗(ミョンジョン)付きの女官で、オクニョの亡母カビの元親友です。

イム・ホ:カン・ソノ役
高官で、オクニョが体探人(チェタミン)をしていたときの上司です。

イ・ヒド:コン・ジェミョン役
商団の大行首(テヘンス)です。手広く商売をしていて、ユン・テウォンを信頼しています。

チュ・ジンモ:イ・ジハム役
博学者です。オクニョに法典や易学など、さまざまな知識を与えます。

イ・セチャン:チョン・ウチ役
希代の詐欺師です。さまざまな人物を装い、人を欺きます。

ショリ:チョンドン役
スリの名人です。オクニョと親しく、何かと頼みごとをされます。

イ・ボンウォン:ヤン・ドング役
捕盗庁(ポドチョン)の役人です。オクニョに協力します。

ユン・ジュヒ:イ・ソジョン役
美人で人気の芸妓です。

オ・ナラ:ファン・ギョハ役
都で一番の妓楼「素素(ソソ)楼」の主人です。ユン・テウォンの亡母を姉のように慕っていました。

チョン・ウンピョ:チ・チョンドク役
典獄署(チョノクソ)の役人でで、オクニョの養父です。ひん死のオクニョの母親を見つけて助けました。

チェ・ミンチョル:チョン・デシク役
典獄署(チョノクソ)の署長です。短気で、権力者の顔色を伺って行動します。

パク・ギルス:ユ・ジョンフェ役
典獄署(チョノクソ)の役人です。強いものにこびへつらい、弱いものには横暴にふるまいます。自分のことしか考えていない性格です。

韓国ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」のネタバレ&感想

ストーリーが目まぐるしく変わり、最初から最後まで、ドキドキしながら存分に楽しめました。テウォンが自分の父親を捕らえるシーン、とても感動的でした。とても辛かったと思います…。涙が止まりませんでした。”弁護人”としてオクニョとテウォンが活躍する姿は、なんだかホッとしたし安心しました。とにかく人の為に奮闘したオクニョの努力は、本当に凄いと思います。人間関係が絡み合っていて、とても面白いドラマだと思いました。

韓国ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」を見た方の感想

オクニョ、質高き男、複数から、想い寄せられ・・・ 実に、羨ましい・・・ オクニョ自身も、それだけの努力を尽くしてきましたものね、ガッテン☆☆☆

娯楽としてみるには、ちょうどいいかな? ストーリが解かり易く、頭も疲れない。 ヒロインの困惑顔?、戸惑い顔?、なかなかにチャーミングだし。 登場当初、存在感希薄?と思えた王様だが、日を追う毎に、なかなかいい

韓国には、 本当に、『葬式の泣き屋』.って、居たのね・・・@@// 噂には聞いてたが、何か、おかしくって、クスッ^m^♪~ ドラマに出てきたとき、笑っちゃったわよ。 本当に、文化って、様々・・・だこと。

ドラマのタイトル通り、監獄で生まれ育った主人公のオクニョが、様々な困難を乗り越え成長していく姿がとても美しいです。厳しい環境にもめげず健気なオクニョの笑顔に心が癒されます。

韓国ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」の相関図


引用:http://韓国ドラマキャスト相関図.net…

オクニョの相関図、こうしてみると、とても分かりやすいですよね。

韓国ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」の作品情報

製作年:2016年
製作国:韓国
原題:獄中花
メーカー:ポニーキャニオン
全51話

韓国ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」のスタッフ

脚本:チェ・ワンギュ「太陽を飲み込め、アイリス、マイダス、光と影、トライアングル」
演出:イ・ビョンフン「ホジュン宮廷医官への道、イサン、馬医(バイ/マウィ)、トンイ、薯童謡(ソドンヨ)」

韓国ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」を違法動画で見たら危険!

韓国ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」を無料で見たいと思って、PandoraやDailymotion、YouTubeなどの動画共有サービスで探していませんか?実は、動画共有サービスにアップロードされている違法な動画を見ることは違法なんです!そして、とても危険な行為です。実際に私も「オクニョ 運命の女(ひと)」で検索してみたところ、「著作権侵害で視聴することができません」と表示されてしまいました…。アップロードするのも視聴するのも違法になります。

海外の違法動画アップロードサイトにはウィルスが仕込まれている場合があります。オクニョの動画を視聴しようとすると個人情報を抜き取られてしまったりと、たったワンクリックで簡単に起こってしまう可能性があります。他にも、パソコンにウィルスが入ってしまいデスクトップ上に広告が表示されて消えなかったり、操作出来なくなったりすることもあります。「オクニョ 運命の女(ひと)」を見たいだけなのにウイルスに感染したくないですよね。

オクニョの動画を視聴するのに一番心配しないといけない、気を付けないといけないのが「安全性」です。運営している動画サイトに問題がなくても、動画投稿者に悪意がある場合、色んな手段で仕掛けてくる可能性があります。”偽広告”だったり、勝手に変なサイトに飛ばされてしまったり、気が付かないうちにウイルスに感染していたということもあります。トラップ広告を踏んだだけでスパムサイトに誘導されたり、そのままウイルス感染したり…。そのような方が急増しています。

素人ではなかなか治すのも難しいです。お店に持っていけば修理費も掛かります。最悪の場合は買い替えることになる場合も…。被害が出てからでは手遅れなんですよね。

警告音がなり、ウィルスに感染しました!以下の連絡先に電話して、サポートを受けるように言われました。
マイクロソフトのソフトウェア専門家
画面もマイクロソフトのロゴ入りのサポートセンター画面に切り替わり、画面がかわらなくなります。
半信半疑で、電話をしてしまいました。電話はすぐにつながり、遠隔操作で、ウィルスを除去します‼️と言われ
もし、偽者なら?と質問をしましたが、安心して下さい。私達はソフトウェアの専門家です。ウィルスを除去しないと危険とくりかえされ、信用できないから切りました。

その後慌ててパソコンは強制終了しましたが、この後普通にまた立ち上げて、パソコンを使用しても大丈夫なのでしょうか?ウィルスバスターはインストールされていますが、なにも反応しなかったのに、警告音が鳴ったので、変だとも思いました。スマホから電話をしたので、電話番号を通知しとまいました。電話番号からスマホの情報を取られてしまうことはあるのでしょうか?念のため電話番号等は変更した方がいいのでしょうか?何方かアドバイスをお願いいたします。 引用:https://answers.microsoft.com/

凄く手が込んでいますよね!!明らかに怪しいですが、「電話」ということで騙されてしまう人もいると思います。他にも、「Adobe Flash Playerの最新版を入手してください。」と表示されたり、遠隔操作に持ち込もうとして来たり、スパムサイトに移動させたりと、巧みに誘導してきます。このような方法でウイルス感染したりする事例もあるんです!

違法にアップロードされたものを、罪を犯してまで視聴しますか?オクニョを見るなら安全で公式な動画配信サービスがあります。
そこで安全に視聴しましょう!

安全に動画を見たい方はコチラ//
⇒映画「オクニョ 運命の女(ひと)」を今すぐ見る

韓国ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」の動画をフルで無料視聴する方法!

韓国ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」の動画をフルで無料視聴する方法は、TSUTAYA TVで見ることです。TSUTAYAは有名なのでご存知の方も多いのではないでしょうか。TSUTAYAは映画やドラマを配信する権利を著作者から許可を得ています。動画を公式で視聴できるので、ウイルスの心配や、画質が悪かったりしません。安心安全に視聴することが出来ます♪

登録も簡単に出来て、すぐに利用することができます。登録後1か月は無料で楽しむことができるので嬉しいですよね~。配信されている作品の数は日本国内・国外のものは国内最大級なので、お好きな映画やドラマが必ず見つかるでしょう。私も映画やドラマが大好きなので、もちろん登録していますよ!

TSUTAYA TVに登録すると1080ポイントをもらえるので、ポイント内ならお金をかけずに動画を簡単に楽しむことができます!私が便利だと思うのが「宅配レンタル」だというところです。小さな子供が2人もいると、出掛けるのも一苦労なんですよね。しかし、TSUTAYA TVなら家のポストに届けてくれるんです。

返却も自宅近くのポストに投函すればOK!これなら返却だって子供と一緒にお散歩感覚で出来るので、とっても助かっているんです。忙しいママや、自宅近くにレンタルショップがない人や、出掛けるのが億劫な時だったり。本当にありがたいサービスです。

TSUTAYA TVに簡単無料登録//

TSUTAYA TVに登録する手順!

韓国ドラマ「嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~」の動画をフルで無料視聴するために、TSUTAYA TVに登録する手順をご紹介いたします。とっても簡単に登録が出来ますよ♪

「TSUTAYA TVの公式サイト」から中央にある「まずは30日間無料お試し!>」をクリックします。次に個人情報を入力していきます。

  • お名前
  • メールアドレス
  • パスワード(半角英数6文字以上)
  • 決済方法選択(クレジットカード、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い)

入力が終わったら、下にスクロールして「会員登録する」をクリックします。確認画面が表示されるので、表示された内容を確認して、一番下の「この内容で申し込む」をクリックします。これだけで登録は完了です。クレジットカードをお手元に用意しておくと登録もスムーズです。さっそくオクニョを見てみましょう。

今すぐ見たい方はコチラ//
⇒韓国ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」を全話みる

動作環境

動作環境について、基本的に問題ありませんが、「推奨環境」に目を通しておくと安心ですね。

モニター解像度
1024×768ピクセル以上

推奨環境
PC OS
Windows 7/Windows 8/Windows 8.1/Windows 10/Mac OS

ブラウザ
Windows Internet Exploler 9.0以上
FireFox 最新版
Chrome 最新版
Edge
Mac Safari 8以上
※MacOS Airplayは動画再生に対応しておりません。

スマートフォン OS
iOS 7.0以上
Android OS2.3以上

セットトップBOX
※Chromecast、Fire TV Stick、Apple TVに対応しておりません。

※動画配信のご利用には、実行速度8Mbps以上のブロードバンド回線と対応の機器が必要です。
PCで【レンタル(ストリーミング)】をご利用の場合
実行速度 3Mbps 程度の回線速度を推奨しています。

スマートフォン・タブレットで【レンタル(ダウンロード/ストリーミング)】をご利用の場合
2時間動画ををダウンロードする時の目安としては、
回線速度 10Mbps 5Mbps 1Mbps
所要時間 約19分 約38分 約190分

TSUTAYA TVに解約する手順!

「どうしても自分には合わなかった…」「違う動画も試してみたいから…」という方は簡単に解約することもできます。

まずは、以下URLにアクセスをしましょう。

サービスを解除したい(解除申請)

「サービス解除の申請をする」→「申請をする」を4回クリックしていく→「退会完了」

口コミなどでよく、「登録は簡単だけど解約は難しい!?」「解約は解りづらくなってるんじゃないの?」など見かけますが、上記の方法で簡単に解約できますよ!知らないと不安になりますよね!知っていると安心です!

TSUTAYA TVの口コミ

ツタヤディスカスを利用しようか迷っているアナタ!まずはツタヤディスカスの口コミを見てみましょう!ぜひ参考にしてみてください。

  • 私は定額プランを利用しています。返却期限がないので、自分の都合でゆっくりとレンタルできるのが魅力です。月にレンタルできる枚数が決まっているのですが、もし、その枚数レンタルしきれない場合は翌月へ自動的に繰り越すことができるので安心です。ただ、シングルCDを借りた場合は、割高になるのでシングルは借りていないです。
  • ログインできないしパスワード再発行も何故かできない。けどメールで問い合せたら1日以内に返信が来て、会社の方で私の代わりに退会手続きをすぐしてくれました。無料期間中でも問い合わせれば向こうでしてくれますよ!
  • TSUTAYA TVで海外ドラマをレンタルしています。種類が豊富なので、私の見たい作品はだいたい揃っています。品数も豊富で、返却したら次のがすぐ届き、サイクルは早いです。返却期限がないので、ゆっくりと楽しめます。海外ドラマなどの続き物はシーズンごとに全巻リストに登録しておけるので、とても便利です。30日間の無料お試し期間があるので、その間にめいいっぱい借りて、休止すれば料金もかかりません。
  • 私は新作にあまり興味ないので、定額借り放題システムで十分満足してます。発送拠点の近くに在住なので、待たされる感もあまり感じません。品揃えに関しては流石TSUTAYAと言える在庫数で満足。週末にまとめて鑑賞したくても2本までと言う点だけがやや不満かな。レンタル率ほぼ100%の旧作狙いの人であればこのシステムは重宝するはずです。
  • TSUTAYAのネットDVDレンタルサービスはとても有り難く便利になりましたね。数年前までそんなサービスは無くわざわざTSUTAYAに行きDVDをレンタルして返却もわざわざお店に返却しなければならない時代でしたが、TSUTAYAのネットでDVDレンタルは手間もかからず自宅のポストに届き返却もポストに入れるだけで返却なんでわざわざ店まで行く手間無くなり有り難いです
  • とにかくCDの種類が豊富です。チョットマニアックな物までラインナップされているので、音楽好きには一番良いんじゃないですか。
  • 利用し始めてかなり経ちますが、今は旧作借り放題のシステムが導入されたりかなりコストパフォーマンスが良いと思います。インターネットから簡単予約ができポストに返却するだけで自動的に次のDVDやCDが送られてきます。かなり便利で使いやすいです。
  • 帰省する時に、車中で子どもが見るDVDを借りました。自宅で借りて、帰省先で返すということが出来るのが、とても便利で魅力的でした。DVDの在庫も多く、申し込んだらすぐに送ってきてくれて助かりました。またぜひ利用したいと思いました。
  • いつもDVDやCDを借りています。お世話になっていますね。DVDやCDの状態もいいのでレンタルに満足しています。ただもう少しレンタル料金が安くなると嬉しいですねw

韓国ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」見どころは?

典獄署というのは、現代でいうところの刑務所のことです。その典獄署で産まれた1人の少女の物語です。典獄署の中で産まれた事から、その少女は「オクニョ」と名付けられました。典獄署の中で生活をしていくなかで、色んなことを教えてくれる囚人たちに学び、そして成長していく姿!!本当に感動的で泣けるんです。波乱万丈なストーリー展開に目が離せません。チョン・グァンリョルとオクニョの師匠と弟子という関係の深い絆、牢屋ごしで武術を習うシーンなど見どころが盛りだくさんです。

コ・スさんは、時代劇初挑戦なんです。この「オクニョ」への出演が決まる前から、自分の中では演じたことのない未知の世界の時代劇にワクワクしていたそうです。

―コ・スさんは今作が時代劇初挑戦ですが、撮影しながら感じられた時代劇ならではの魅力は?
コ・ス:全50話という長編の時代劇は初めての挑戦なのですが、今作への出演を決める前から、50部作の時代劇に対し、私の中にロマンがあったんですよ。“出演してみたいな”“撮影する過程はどんな感じなのかな”“どれくらい大変なのか、その大変さをどんな風に努力して対応していくのか”など、時代劇に対する好奇心があったんです。今回、イ・ビョンフン監督が直接演出されるということだったので、ぜひ挑戦したいと思ったんです。そして、出演してみて感じた時代劇の大きな魅力は、実際に起きた歴史的事件などを含んで新たなストーリーを作り、ドラマにするということですね。演じながら“ストーリーを作っている作家さんは、本当に楽しいんだろうなあ…。面白い作業だろうなあ”と感じました。実際に起きた事件に架空の人物であるユン・テウォンが加わり、その時代に起こった出来事を経験し、その中でアクションをできるということ自体が本当に魅力的だと思いますね。

―現在までの撮影を終えた場面の中で、一番記憶に残っているシーンは?
コ・ス:記憶に残っているシーンは…ドラマ撮影の序盤に中国ロケに行ってきたんですよ。典獄署のシーンの大部分は龍仁(ヨンイン) にあるセットで撮影するんですが、その時は中国まで行って広い砂漠で、大規模な撮影をしたんです。いい思い出になりましたし、本当に楽しかったですね。

―撮影中、面白かったエピソードは?
コ・ス:「オクニョ 運命の女(ひと)」は、典獄署チームや素素樓(ソソル/妓房) チーム、ユン・ヒョンウォンチームに、コン・ジェミョン商団チームなど、撮影チームが少しずつ分かれているんです。その中でも、典獄署チームの俳優陣は撮影中アドリブをすることが多いんですが、他のチームの俳優さんたちは、ドラマの放送を観て、それを知ったみたいなんですよ。
“何で台本にないことをしてるんだ!?”って…(笑)。それに刺激を受けた他チームの俳優さんたちもアドリブをするようになり、演技の競争が始まったんです。ですので撮影現場は、いつも活気に溢れてるなあと感じますね。本当に面白いです。それから、今作は全50話の作品なので、長期に及ぶ撮影を乗り切るためにも、撮影現場で面白いことを探さなければいけないんですよ(笑)。そのため、全員がいい雰囲気を作ろうと頑張っていますね。

―「オクニョ 運命の女(ひと)」を楽しみにしている日本のファンの皆さんへメッセージをお願いします。
コ・ス:これからドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」が日本で放送開始されると聞き、本当に感無量です。楽しくご覧になってくださいね。これからも、オクニョ役のチン・セヨンさん、そして私、その他多くの俳優陣をたくさん応援してください! ありがとうございました。

引用:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2052658

韓国ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」予告動画

韓国ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」他にも見れる作品は?

韓国ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」の他にも、TSUTAYA TVでは色んなものが見れるんです!

まだまだたくさんあります!!

⇒浪漫ドクター キム・サブ

⇒花郎<ファラン>

⇒宮 ~Love in Palace~

配信されている作品の数は日本国内・国外のものは国内最大級!アナタの見たいものが必ず見つかるでしょう。動画配信もあるので、スマホやパソコンでどこでも見れるのも嬉しいポイントですよね!

⇓⇓TSUTAYA TVに簡単無料登録⇓⇓//

韓国ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」 動画配信サイト他には?

動画を公式で視聴できできて、ウイルスの心配もなく、安心安全に視聴することが出来ということで「TSUTAYA TV」をご紹介してきました。しかし、他にも安心安全に見ることができる動画配信サイトもあります。

U-NEXT

配信本数はなんと120,000本以上!

しかも毎月2,000本以上が更新されます。!

まずは、31日間お試ししてみてはどうでしょうか。

dTV

dTVでは映画・ドラマ・アニメ・音楽など、18ジャンル、12万作品を配信しています!

月額500円(税抜)で全作品を見ることができます!

Hulu

ヒット映画やテレビ番組を豊富に取り揃えています。

月額933円(税抜)で全コンテンツを見ることができるのが魅力です。

数百本以上の長編映画や数千本以上のテレビ番組があります。

韓国ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」の動画を「365」で視聴できる?

「365」では数多くの韓ドラが紹介されています!韓ドラファンなら見聞きしたことがあるかもしれませんね。知らない方のために、「365」とは何なのかご紹介します。

「365」を知っていますか?
FC2ブログで「365」と呼ばれています。様々な動画サイトにアップされている韓国ドラマをまとめているサイトです。文字通り”365日毎日更新されているから”「365」と呼ばれているんです。人気のある韓国ドラマや話題になっている韓国ドラマは、大抵がリンクされています。

利用料は無料なので興味がある人や、もしかすると視聴している人もいるかもしれません。オクニョも無料だから視聴したいなと思っている方もいるかもしれませんね。

「365」のブログ自体には何の問題もありません。リンクされている動画に問題があるのです。予告動画や動画のダイジェストは見れるかもしれませんが、アナタが見たいのはフル動画ですよね?フルで動画を見たいならお勧めしません。リンクされている動画は、違法動画なので危険が伴います。安全にフルで見るには、やはり正しい方法で視聴した方がいいですね。

韓国ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」の動画をフルで無料視聴するならVOD!

やはり、最終的にオクニョ 運命の女(ひと)の動画をフルで無料視聴するならVODですね。

一番安全で安心して見ることができる賢い選択方法だと思います。

ところで、「VODサービス」って知っていますか?「VOD」見聞きしたことはあるけど詳しくは知らないって方もいると思います。

「VOD」とは、テレビ局や映像配信元に許可をもらって動画を配信しています。
公式サービスなので違法動画のようにウイルスの心配もなく、綺麗な画質で見ることができます。

しかも邪魔だった広告も入らないんです!集中して観ているときに広告って目障りなんですよね。パソコンやスマホ、タブレットで場所を問わず見ることが出来るから、いつでも好きな時に見ることが可能なんです。

見たいと思った時に簡単に検索して、すぐに見れるからノンストレス!ほとんどのVODには無料で利用できるお試し期間があります。1ヶ月無料お試し期間があるので、自分に合うかどうか試すことができます。相性は大事ですからね。

ご紹介してきた動画サイトは、VODです。ぜひ、VODで「オクニョ 運命の女(ひと)」を日本語字幕で動画フルを無料視聴しましょう。

韓国ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」の各話あらすじ

オクニョ 運命の女(ひと) 1話
典獄署の役人のチョンドクは、お腹の大きい女性に助けを求められ、出産させるが女性は娘を産んだ後亡くなってしまう。
チョンドクは、必死で目を開けてくれ!と言うが、女性は目を開けない。
騒ぎを知った署長は、今日は長官が視察に来るから、早く女を始末しろ!と命じるが、生まれた赤ん坊はどうしましょう?とおろおろするチョンドゥクで。

赤子を捨てて来いと言われ一度は道端に捨ててきたチョンドクだったが、その様子をを見ていた子供が、捕盗庁が同行してこのおじさんが捨てていった!とやって来て。
結局、自分が育てると言ってしまったチョンドクは、牢屋の中にいる女性からお乳をもらって…。
一方、王宮の中では、ユン・ウォニョンが、すれ違った男が挨拶をしなかっただけでも王の義理の弟だからと馬鹿にしてるのか?と言いがかりをつけ殴りつけて…。

15年後・・

オクニョと名づけられ、その少女は、明るく元気な少女に育った。
そんな時、新しい所長にチョン・デシクが就任にするが、噂では血も涙もない男だと評判で。
デシクは、ここの事を来る前に調べたが、見張りも囚人も家族のように暮らしている!これからはどこよりも厳しくしてやる!と怒鳴って。
更に、まだ15歳のオクニョを見ると、こんな幼い子を働かせるなんて!と怒り、追い出せ!と命じて…。

そんな時、盗賊団の頭が、捕らえられ、獄中に入ると、デシクは、他の囚人と離しておけ!と命じる。
やってきたウォニョンは、ここに入っているイ・ジハムに会いに来た!と言うが、さっき、デシクに逆らって暴行を受けた後で。
ウォニョンに鑑定しろと指示されたジハムは、私より適してる者がいると彼女を呼んで…。

オクニョ 運命の女(ひと) 2話
ジハムの代わりにかわりに、ウォニョンの運勢を見て、不吉な運勢は1つも言わず良い運勢だと褒めると、今度ウォニョンが屋敷に来い!と上機嫌で帰る。
帳簿の使い込みがバレる前に、お金を戻したいチョンドクは、囚人からお金を借りるが、代わりにここから出せ!と脅される。。
団の頭から、この命もあとわずかだから願いを聞いてくれ!と手紙を預けある男に届てもらいたいと託されるオクニョ。
眼帯の男に手紙を渡した後、捕盗庁に命を奪われてしまったと聞いた頭は、肩を落して…。

ウォニョンの邸を訪ね、ナンジョンを占うが、こんな下等な子の話を聞くなんて!と相手にしない娘のシネ。
奥様からいただいた服を着て家に帰るオクニョであったが、その途中で連れ去られてしまう。
チョンドクは、心配して邸を訪れるが、そこにウォニョンへの文が届くと、頭を放免しなければ、娘の命を奪うと書いてある。

シネと間違って連れてこられたオクニョであったが、今の状況を考えると彼女のふりをした方が良いと判断して。
娘が安全だと分かり安心したウォニョンは、奴の刑を早めろ!と命じると、みんなの前で命を奪って。
頭の刑が実行された事でウォニョンに怒りがこみ上げる団の仲間達は、自分は娘じゃない!と訴えても、頭と同じように首をはねてやる!と言われるが、矢が飛んで来てオクニョは、助け出されて…。
一方、突然寝込みだしたナンジョンは、早く本妻になりたい!とウォニョンに言う。
極悪非道の囚人のマンボは、早くお金を返せ!とチョンドクを殴りつける。

わざとマンボの房に入った新入りのユン・テウォンは、自分の苛立ちを仲間にぶつけ大喧嘩になってしまう。
ウォニョンに署の状況を聞かれ、囚人の中に苦しめている人がいると話そうと思ってる!と言うオクニョ。
房に来たウォニョンに、思いっきり打ちのめされたと激怒するが、その夜寝ているマンボの命をテウォンが奪って….。

オクニョ 運命の女(ひと) 3話
翌日、マンボが命を落としているのがわかり大騒ぎになると、署長が殴ったからだ!と噂されるが、チョンドクは、お前が全部仕組んだのか?とオクニョに尋ねるが、もう賭け事はしないでください!と釘を刺される。
ある日、女囚人を外に出すからと身代わりの女性を迎えに行くと、その女性ケトンが自分を産ませてくれた恩人だとわかり、母のことを尋ねるが、あなたのお母さんは囚人じゃなかったと教えてもらうオクニョ。
そして、お母さんがあなたを産んだから亡くなったんじゃない!その前に誰かに斬られた傷のせいだとケトンは、話して聞せ….。
養父のチョンドクにそのことを聞くと、誰がお母さんを斬ったかわからない!と言い、形見の品を渡して…。

一方、税穀船の利益があまりないことを聞いたテウォンは、それじゃぁ素素楼で酒は飲めない!俺がそのうちもっと大金を稼いでやる!と笑って。
端午の節句のお祝いで王様からご褒美が与えられた囚人たちはご馳走とお酒を振る舞われ大喜びで。
そんな中、いつもは鍵がかかってる部屋に忍び込んだ、店の後の抜け道を見つけ洞窟に入ると牢屋の中で老人が苦しんでいるのを見つけ、薬を飲ませるオクニョだが….。

そこに入っている囚人は、パク・テスでもう20年も牢獄されてるとウォニョンが話しているのを聞き、鍵を奪い合鍵を作らせ、中に入るともう来るなと追い返されるオクニョ。
何の罪で入っているか気になったオクニョは、資料を調べると、体探人(チェタミいン)と記してあり、師匠のジハムに尋ねるといスパイのようなものだと教えられて。
お酒を持ってまたテスと会い、母がなぜ斬らなくてはいけなかったのかを捕盗庁の茶母なり調べたいと語る彼女に、どうせここで命を落とす身なら1人ぐらい弟子をとっても良いかと笑う。
スリのチョンドゥンに頼み、テスの息子を探させるオクニョだったが、息子は亡くなり妻も自害したと報告を受けて…。

人事の入れ替えがあると耳にした所長のデシクは、大金をウォニョンに渡し、署に残してほしいと頼むが、断られると、パク・テスが、20年もの間地下牢に閉じ込められていると話す。
テスに報告をしに行ったオクニョにありがとうとお礼を言うが、そこに憎いウォニョンがやって来ると、テスは、あの世に行く前にお前に会いたかった!と話す。
実は、ウォニョン暗殺を企て捕まってしまうが、仲間が亡くなる中、自分だけが生き残ったテスで。
ウォニョンは、生き残らせたのは王妃のムンジョンだとわかるが、もし、何かあったら真っ先にお前を疑って罰を与えると脅す。
早速、テスの顔を見に行ったムンジョンだったが、いつもここに入る人物ではないと足音だけで気づかれてしまうとすぐに帰ってしまう。
テスの弟子になったオクニョは、重りをつけた足で、教わった通り山に登って毒草の見分け方や作り方を勉強して….。

オクニョ 運命の女(ひと) 4話
紹介してもらったチョンドンを連れ、ある屋敷を訪れここに金があると暴露し全部盗んで良い!と言い出すテウォン。
盗まれた主人は、以前儲け話をされたテウォンを尋ね、年貢米の倉庫の前には見張りを一晩中つけないでおく!と話して。
大勢の男たちを連れてきて年貢米が収められている倉庫に来たテウォンは、今夜中に砂と米を入れ替えれば報酬は弾むと言う。
この話を聞いたジェミョンは、激怒するが、この米が救済米になるとテウォンが話して…。

一刻も早く武術を習いたいと話すオクニョに、強くなればお前の人生は辛いものになるかもしれない・・と話すテスで。
母親の墓参りに行くが、病で苦しむ母親の薬をもらいに屋敷に行き、戻ると母が既に亡くなっていた事を思い出し涙が止まらないテウォン。
そんな時、母の遺品を目にしたテスは、もしかしたら王宮にいたのかもと話されるオクニョ。
元王宮にいた女性の家に足を運ぶが、追い返されるオクニョ。
他の女官を探していたチョンドンは、みんなすでに命を落としていた・・と怖がりお金も返すと言って….。

月日は流れ・・また典獄署に舞い戻ったジハムは、世の中は、ウォニョンと愛人のナンジョンに苦しめられているから、この中のほうが安心すると話す。
捕盗庁の茶母の試験に来たオクニョは、武術での腕を買われ、腕の立つ男と戦わせるが、やっぱり勝ってしまい….。
ナンジョンは、料理をしていた娘を叱るが、シネは、どうせ側室の娘は良家には嫁がないから料理の腕を磨いて平凡に暮らす!と言う。

ナンジョンが影にいる商団が取引をするのを兵のふりをし、みんな奪ったテウォンで。
次の試験でも自分は経国大典(法律の経本)も勉強したし、何か国語の言葉もわかりますとアピールして、周りを驚かせるが結局、試験には落ちてしまうオクニョ。
一方、明からの使者がやってくるが前王が、毒で命を落としたのかを調査をしに来たと言って…。
そんな時、自分達の計画を妨害した人物がジェミョンの手下だと突き止めるナンジョンで….。

オクニョ 運命の女(ひと) 5話
大行主ジェミョンは、俺は、弱い男だからそこそこでいい!と言うが、テウォンは、本気でナンジョンと勝負すべきだ!と言って。
ナンジョンの使いは、私たちの手下になれ!と提案するがはっきりと断るジェミョンで。

夜、男たちに尾行されたオクニョは剣を向けられ知らないところに連れて来られるが、カン・ソノは、表向きは官僚だが本当の顔は体深人と呼ばれる者だ!私たちの仲間になれ!と命じる。
そして、お前は体深人の素質があると思っているから、何日か考えて返事をしろ!と言って。
地下牢にいるテスは、もし工作員になれと言われてもとても危険な仕事だから、断りなさい!と命じる。

突然、使者が、やって来てある男の命を奪うならここから出してやる!と話すが、すぐに断るテスで。
ある日、明の使者に呼ばれた大行主のジェミョンは、素素楼に来るが昔、仕えた若様と感動の再会を果たす。
ジェミョンは、もう少しで奴婢になるところだった若様を明に逃がしたが、両親がそのために命を奪われたと話して….。

テウォンは、明に帰るときに同行させてもらい明との交易に力を貸してくれと頼む。
反対されても彼女は、工作員になると決めるが、ソノは、お前は今まで通りの生活を続け、任務のときだけ合流すればいい!これから辛い訓練が待っているががんばれ!と励まして。
明の交易が決まるとジェミョンは、自身が持つ全財産5千両を仕入れ金としてテウォンに託して….。

明の使者に、前王の亡くなったのがウォニョンと王妃のせいだ!と記された手紙を見た王妃は、命を奪え!と命じて。
最後の訓練は実際の任務につかされるが、邸に入り剣を抜いた時、一瞬躊躇したオクニョは、捕らえられてしまう。
拷問をされても身分を明かさない彼女が目覚めると、合格だ!とソノが告げて….。

オクニョ 運命の女(ひと) 6話
典獄署に戻ったオクニョは、テスが釈放されたと聞き、残されていた手紙にいつか会えると思うから、その時は母親の復讐に力を貸そう!と書いてあり…。
明への交易に通訳として同行し、この国を出たところで使者の命を奪え!と命じられるが、テウォンが同行すると聞き不安になるオクニョで….。

明との国境地帯で待ち構えていたテス達は、最悪の場合は仲間でも犠牲はやむを得ないと話す。
賭博場に行ったテスは、アタイという男と接触し、爆薬と弓矢を頼む。
新しい捕盗庁の隊長のソン・ジホンは、不正は許さないと怒るが、ウォニョンの娘シネとの縁談が控えていて….。

新しい指導者に会いに来た娘が弟子だとわかると、命がけの任務だと反対したはずだ!お前が加わるなら今回俺は降りる!と言うテスで。
テスは、恩人である彼女を危険な目に合わすわけにはいかない!と言うが、ソノは、あの娘を体深人にしたのはあなたです!と言う。
爆薬を使ってのミッションに変更すると、寝ているテウォン達は、周りが火の海になって驚くが、その間にオクニョは、明の使者の寝室で手紙を探すが….。

オクニョ 運命の女(ひと) 7話
とうとう手紙を見つけたオクニョだったが切りつけられ負傷してしまうが、彼は、優しく手当てをしてくれる。
危ないところをテウォンに助けられた使者は、お礼を言い、自分を狙ったのはウォニョンかもしれない・・と話すが….。

もう少しで明に到着するという日、宿で寝ている使者を襲ったテスだったが、本当の国の裏切り者は、ウォニョンだ!と言い….。
彼に、正体を知られピンチに陥るオクニョであったが、助けてくれた人だから、彼の命だけは救って!と頼んで。
ミッションが済んだら、テスの命を奪え!と命じられていたソノだったが、一瞬躊躇すると、別の仲間がテスを斬る。
虫の息のテスを見つけたオクニョは、手当てをするが、俺はもう助からないから、国に帰ったら孫にこれを渡してほしいと袋を渡して….。

テウォン達は、使者が亡き者になったと聞き、引き返すしかなくなるが、消えてしまった彼女を心配するが。
そんな時、テウォンは、都で闇取引をすると言い始め、抗議しても全く聞く気がない。
その頃、オクニョは、師匠のテスとの思い出に涙が止まらなくて…。

全てが片付いたと喜んでいたウォニョンだったが、テスが亡くなったと聞いた大妃は、納得がいかない!亡くなった理由を調べろ!と命じて….。
待ち合わせの場所で待っていたオクニョは、役人たちに連行され、師匠の命を奪った犯人にされてしまい….。
そこに来たソノは、きっと助けるから自白したふりをして待っていろ!と命じて..。

オクニョ 運命の女(ひと) 8話
明から戻ったテウォン達から明での交易を成功させた!と報告を受けたジェミョンは、大喜びで素素楼で宴会をする。
ソン・ジソンとデートの約束をしていたシネは、おしゃれをして待つが、ドタキャンされる。
たくさんの絹を買ってきたテウォンだったが、今まで殿様商売をしていたナンジョンに怒りが収まらない。
ナンジョンに憎しみを抱いてる彼は、わざと絹だけを買ってきたとみんなに話すテウォン。

テウォンは、行方不明の彼女を探したら礼をするから探せ!とチョンドンに命じるが、その頃、オクニョは牢屋に入れられて….。
少しだけ牢屋から出してもらったテウォンは、正体を言え!と罵倒するが、最後まで何も言わないで泣くだけのオクニョ。
牢屋に戻ったオクニョは、新入りの女の囚人に声をかけるが、実はその女は自分と同じ工作員で….。

明でソノと一緒だった男を見つけたテウォン、しかし男が襲われるのを見て一緒に戦い助け、オクニョについて尋ねる。
テウォンの秘密を話し始めたトチは、あいつの父親はウォニョンだと言い、愛人だった母親が、ナンジョンが側室になると、捨てられてしまい、後に惨めに亡くなったと話す。
夜まで彼女が眠るのを待った女は、首を絞めると女同士の戦いが始まるが女がくったりするとそこに見張りの男たちがやってきて。
養父は、みんなを集め牢屋に娘が捕られてる!と話して….。

オクニョ 運命の女(ひと) 9話
両手両足を縛られながらも、一杯のご飯を生きるために必死に食べるオクニョで…。
捕盗庁だという男は、この件には、ウォニョンが関わっているんじゃないかと尋ねるが、自分が悪いんだと言い張るオクニョ。

義禁府(ウィグムブ→罪人を取り調べてる所)へ護送されるために牢からされ、捕盗庁のソノが、彼女を連行する。
その後、ウォニョンに牢から出して命を奪え!と、命じられた手下は、もう既に牢から出され義禁府にもいなかった!と報告して…。
大行主のチェミョンは、父親へ復讐で利用されたと思って心配した!商団には、たくさん者が関わっているから気をつけろ!と話す。
テウォンは、自分には考えがあるから大丈夫だから力を貸してほしい!と頼むと、チェミョンは、やってみろ!と豪快に笑って…。

署長に呼ばれ、地下の牢に案内されるとそこには、行方が分からなかった娘がいて一安心するチョンドク。
ジホンは、取引が中止されているものを扱っている疑いがあるとチェミョンの店を部下に捜査させるが、実はナンジョン達に頼まれていて。
師匠の孫をもう一度探してほしいとチョンドンに頼み、それにかかる費用は私が貯めていたお金を使って!と隠し場所を教えるオクニョ。
そんな時、署長が裏切り、オクニョの居場所を聞いたウォニョンは、すぐに向かい命を奪え!と命じる。
その話を聞いていたテウォンは、すぐに逃すと、ウォニョンは、署長を何度も殴って…。

隠れ家に連れて来たテウォンは、なぜ命を狙われるのかそろそろ話してくれてもいいだろう!とオクニョの顔を見る。
オクニョは、黒幕だと黙っていれば命を助けると言われたが嘘だった!と彼に話す。
しかし翌日、彼女の似顔絵と懸賞金を出すと貼り出すウォニョンで。

王妃に会ってもらえないウォニョンは、側室のナンジョンにも会いに行ってもらうが無視されて。
そんなある日、心身ともに疲れ、熱を出して寝込んでしまうオクニョで…。

オクニョ 運命の女(ひと) 10話
朝、オクニョが作ったご飯を食べ、街へ行ったテウォンは、何枚もの似顔絵が貼ってあるのを見て…。
ジホンは、彼女は、囚人達も親しいから養父からも監視を怠るな!と命じて。

チョンドン達の話を聞いた部下に報告を受けたジホンは、すぐに家を囲む。
ナイフを向けられたソノは、すまなかった!俺の命を奪え!と言うが、オクニョは、あなたの命を奪ってもテスの命を奪った汚名は消えない!と泣く。
その頃、捕盗庁に捕らえられたチョンドン達は、泣いて…。

シネは、縁談相手のジホンにお茶でもどうですか?と進めるが、仕事があるからと断られてしまう。
素素楼に来たウォニョンは、最近しらふでは眠れないと言うが、紹介された芸妓ソジョンにメロメロで。
母と呼ぶ女性のところにオクニョを置き、捕盗庁にとらわれてしまったチョンドク達と面会し、彼女は、無事だから安心して!と言うテウォン。
食事の準備を手伝うとするオクニョに下女は、驚くが、実は食事に何か入れていて。

買い物に来た下女は、人相書きの女オクニョが家にいる!とナンジョンの側近に話すが、その頃、、下女の動きに不信感を抱き、台所を探すと何か粉を発見するオクニョ。
そこにジホンが部下を引き連れやって来て彼女を捕らえるが、内禁衛が来て大妃様の命がでたからこちらで引き取ると言う。
オクニョは、師匠との出会い弟子になり工作員になったと話し、ウォニョン様の計画だと聞いた!と言う。
そこで慌ててやってきたウォニョンたちは、でたらめだ!と騒ぐが、大王妃は、黙りなさい!と怒って…。

オクニョ 運命の女(ひと) 11話
追い出されたウォニョン達は悔しがるが、大妃はソナタを信じる!何か望があれば言いなさい!と言われたオクニョは、署の茶母に戻りたい!と頼む。
みんなも釈放され署に戻るが、署長は、オクニョをねぎらい、お祝いが始まると、やっと明かりが灯ったようだとみんな上機嫌で酒を飲む。
彼と会い、お礼を言い、かくまってくれた奥様に一度お礼を言いたいと話すオクニョ。

その頃、大妃は、弟のすべての官職を剥奪し、牢に入れる。
そんな時、大妃が味方になっていると知り突然、オクニョに自分の補佐をしろ!と命じる署長。
ウォニョンが囚人としてやって来るが、大妃の指示で皆と平等に扱えと言われている!と署長が部下に伝える。
牢に入ったウォニョンは、隅っこで静かにしていろ!と命じられて…。

屋敷の下女達は、大妃の弟なのに逮捕されてしまったウォニョンに、これから自分達はどうなるのだろう?と心配する。
ウォニョンは、囚人達と同じご飯を与えられるが、チェミョンへ豪華な差し入れが届く。
仕方なくお前も食え!と言われ、名前を名乗ると、誰も信じなく暴力を振るわれてしまう。

テウォン達は、囚人のイ・ミョンウと紙取引をして、ナンジョンにダメージを与える計画を立てるが…。
昼間の間だけ外に出したミョンウに、今、ウォニョンが牢にいるから、今のうちにナンジョンの配下から抜け、俺たちと取引してください!と頼むテウォンで。
彼と2人で家に行き、奥様が血を吐いて倒れているのを見て、医師に見せるが、あの時、下女が隠した粉が気になるオクニョ…。
そんな時、ミョンウが牢で自害しているのが発見されるが、何者かに命を奪われたんだと署長に主張するオクニョで…。

オクニョ 運命の女(ひと) 12話
オクニョは、ロープの結び方が右左利き用だったし、舌も中に入ったままで固かったから毒を飲まされてからロープで吊るされたと話す。
その頃、ナンジョンの側近に命じられたジホンは、検視も簡単に済ませ自害だと結論を出してしまう。

署長は、監督不足で咎められなくなり安心するが、オクニョは、絶対違うのに!と…。
昔からいる使用人のミョンソンが作った料理に針を入れて毒薬が入ってるかを確かめても反応は出なかったが、オクニョは、きっと毒薬だ!と彼に伝える。
オクニョの知り合いの医師に義母を診察してもうと、危ない状態だと診断され、例の粉を見てもらうとこの国にはない珍しい毒薬だと話す。

牢でも威張り散らすウォニョンは、チェミョンを妻の商売を邪魔していたな!と睨み、ここに来たのは視察の為だと言い始めて…。
街中にウォニョン夫婦の悪口を書き、諜反をあおる様な張り紙がたくさん貼られるが、ジハムは、字の読めない民の代わりに、読み上げると、連行されてしまう。
貼り紙を目にし、慌ててナンジョンを呼ぶが夫は、牢にいるので会えない!と拒否される大妃で…。
毒薬を抜く薬を届ける彼女を見かけた下女は、慌ててドンジュと会い、ばれた!と怯えるが、その現場を陰から覗くテウォンで…。

具合が悪い演技をし大妃と会ったナンジョンは、事が大きくなる前に旦那様を釈放してください!と頼む。
更に、重臣達にも、事態を収拾させるためにもウォニョンが必要だと言われた大妃は、仕方なく釈放してしまう。
ウォニョンは、亡くなったミョンウを謀反の指導者にしての裏帳簿をジホンに渡し、賄賂を受け取った者達を謀反の罪で捕らえろ!と命じる。
その事でテウォンも捕らえると彼女は、以前も助けられた内禁衛の本陣にいるキ・チャンスを訪ねて…。

オクニョ 運命の女(ひと) 13話
オクニョは反乱は、偽装だからすぐに大妃と会わせて!と話すが、推測だけでは、会わせる事ができない!と追いかえすチュンス。
テウォンが捕まり拷問を受けてると聞いたチェミョンは、すぐにここを出なければいけない!と焦って…。
男たちに襲われるミョンソンであったが、偶然奥様のところに訪れていたオクニョが救い、あなたに毒を盛らせた人物が口封じをしようとした!本当の事を話して!と頼むが…。

大妃は、結婚が決まったのなら何かプレゼントすると話すが、シネは、何もいらないから母と父を許してやってほしいと頼んで…。
ウォニョンは、謀反を企てようとしていた者たちを捕らえ自白させました!と話すと大妃は、お前を頼りにしてるから二度とがっかりさせるなと言って…。
オクニョは、彼女と地下の牢へ行き、しばらくここになさいと指示するが養父は、署長に見つからないか不安で…。

出所したチェミョンは、あなたの息子のテウォンが濡れ衣を着せられ拷問を受けているとウォニョンに話し、それを指示したのがナンジョンだと曝露する。
ナンジョンは、昔、テウォンに母の敵だ!と石をぶつけられたこともある!と逆らうが、ウォニョンは、私の息子を放免しろ!と暴れて…。
釈放された彼と会ったオクニョは、ミョンソンが襲われて今地下牢にかくまっていると話す。
キム・テジョンに救いを求めたオクニョは、牢から出してミョンソンと会わせるが、毒をもれと指示した人を話そうとした時、矢が飛んできて…。

オクニョ 運命の女(ひと) 14話
結局、ミョンソンは、亡くなってしまうとテジョンは、証拠がなければ何もできない!と帰ってしまう。
ジハムは、大きなものに立ち向かうためには小さなヒビを入れる事が大事だ!とオクニョに話す。
チェミョンは、母親と慕う女性を亡くしたテウォンを心配し、盛大に葬儀を取り仕切る。
本妻がなくなったと聞いたウォニョンが葬儀にやってくると、ナンジョンに仕組まれ毒殺された!と怒るテウォンで。
ウォニョンに本当にお前が命を奪ったのか?と聞かれたナンジョンは、必死で違うと言い張るが….。

婚約者とお茶を飲んだジホンは、私は野心家だ!と話すとシネは、野心のない男が嫌いだと言って。
そんな時、宮中の使いがやってきて大妃からお呼びがかかり、宮中に入る気はないか?と聞かれ、このまま囚人を支えていきます!と断るオクニョ。
オクニョは、自分の願いが叶うなら師匠の地位をもとに戻してもらいたいと頼んで….。

大妃と会い、娘が結婚するのに側室のままでは娘が可哀相だ!本妻にしてください!と頼むナンジョン。
まだ本妻が亡くなったばかりだから白い目で見られると言う大妃だったが仕方なく認めることにして….。
雨が降らず食料難になると、囚人にやる米がストップになるとナンジョンの蔵から盗もうと考えるオクニョで。
そんな時、とうとうテスの孫がわかるが、その人物はシネの婚約者のジホンで…。

オクニョ 運命の女(ひと) 15話
オクニョは、あなたは養子だと話すと、ジホンは、養子ではない!と聞く耳も持たず、行ってしまう。
署長のデシクは、米を止められたから一日一食にする!と囚人たちの前で発表すると大ブーイングで。
チョンドクは、以前、凶作になった時、囚人のご飯を止めた時に、暴動が起きて火をつけられた!とデシクを脅かす。
そんな中、ナンジョンが、正妻になり初めての誕生日のお祝いは、凶作で飢え死にしている人もいる中10日間の予定で始まるが…。
父親は、ジホンが養子であることを打ち明けて婚礼も近いのだから、気を付けろ!と言って…。

チェミョンの許しをもらい、素素楼を引き継ぐことになったテウォンに、仲間も手伝う!と喜ぶ。
囚人の中から銀の偽装が得意な人らを集め、粗悪な銀を高価な物に作り直すようにと頼むオクニョ。
そんな時、ジホンは、食べるものがなくてふぐの肝を食べてしまい家族4人が命を落とした現場へ行き、落ち込む。
その足でナンジョンの誕生会に向かうが、民が苦しんでいるのに大量の食料と酒を見て虚しくなり、帰ってしまう。

船から降りてきたばかりのナンジョンの集金係は、賭け事をしているうちに千両のお金をすられたと報告する。
テウォンの仲間は、集金係からすったお金で買った金塊を持っていき、金脈を掘り当てたから違法だとはわかっているが金鉱の開拓の権利を与えてほしいとナンジョンに頼む。
ダロと名乗るテウォンの仲間は、国も知らない金脈を把握してる!もしその権利と莫大な資金を提供してもらえば見返りは金鉱の利益の半分を渡します!と言って。
初めは疑っていたナンジョンだったが、持ってきた金塊を見ると目を輝かせて…。
一方、素素楼の新しい主人だと紹介されたテウォンは、何もできないが酔っ払いの扱いは任せろ!と言って…。
捕盗庁の視察に来た役人に、前王は、どんなに貧しくても囚人を飢えさせる事はなかった!と話すが…。

オクニョ 運命の女(ひと) 16話
外に出た王を叱った大妃だったが、ウォニョンは、もう27歳だから親に逆らうのも仕方がないと話す。
そんな時、ナンジョンは、鉱山を視察する男を呼び、私が高山開拓をするのに力を貸してくれたらあなたの輝かしい未来を約束すると言う。
しかし、金の開拓を制限しているのは明の貢ぎ物に関係してくるから国も厳しい!と断る。
そんな時、スリのチョンドン達を見つけた集金係は、お金をすったのはあいつらだ!と後をつけ捕まるとテウォンに渡した!と言ってしまう。

ダロのふりをしてナンジョンと会うと、金脈の場所を教えろ!と刀を向けられて…。
夜、助けに行ったテウォン達にウチは、今逃げ出したら計画が台無しになるから帰ると聞かない。
殴られても金が取れる場所も吐く様子のないダロに、取引に応じると言い放つナンジョン。

素素楼に招待された王様がやって来るが、オクニョと会い、民が飢えているのにここで遊ぶ余裕があるなんて!と嫌味を言われウォニョンを残し、帰ってしまい…。
取引の夜、ダロとしてやって来たウチは、突然、飛んできた矢で、胸を突かれる。
その様子を見た、ナンジョン達は、銀貨も持たず逃げるのに精一杯で。
みんながいなくなると、起き上がは、オクニョ達と計画が成功し喜ぶウチで…。

オクニョ達は、3ヶ月分は食べられる米俵を持って帰って来ると、お手柄だと喜んで…。
ジホンと会い、大妃の命令で何年も地下牢屋に閉じ込められていた師匠があなたのおじいさんだと真実を伝えるオクニョ。
そして、牢から出たテスの命を奪ったのはウォニョンだ!その娘と結婚するんですか?と…。

オクニョ 運命の女(ひと) 17話
婚約者と一緒にいたオクニョを目にし、気にくわないが、彼女と小さい頃会った記憶が蘇るシネ。
一方、チェミョンは、父であるウォニョンが、お前のためにこの商団を後押したい!と申し出があったと話すがテウォンは、それならこの商団をやめる!と怒る。
チェミョンは、もしこの話をナンジョンが知ったら、夫婦仲がこじれるかもしれないから、これを利用するのも手だ!と話すが…。

テスからの手紙をジホンに渡そうとするが、拒否されたオクニョは、手紙と一緒にあった地図を見て泣いてしまい…。
ジホンは、素素楼で義父となるウォニョンと飲み、何気なくテスの事を聞いてみると、あの男は何かと俺の邪魔をしたから謀反の罪を着せ命を奪ってやった!と聞いて…。
王様は、ウォニョンと妻の国政を乱す横暴ぶりの上書を見た!と大妃に抗議する。
今までは民の心は荒んでいく一方だ!と話す王に大妃は、あなたを惑わそうとしてしているだけだ、忘れなさい!と相手にしないで…。

そんなある日、囚人に塩作りをさせその利益でここも助かるし囚人に賃金を与える!と説明するオクニョ。
その話を聞いた囚人たちは、一瞬嫌な顔するが、賃金がもらえると聞き喜ぶ。
塩作りが始まると今までより多くの塩ができ、オクニョ達は、入札で安く出せばナンジョンにダメージを与えられると話して。
またお忍びで彼女と接触する王様であったが、オクニョから身分を明しなさい!と疑われると王の命で来た!と嘘をついて…。
ウォニョンと会い、不正なしで入札ができるように手を貸してほしいと頼むテウォンで…。

オクニョ 運命の女(ひと) 18話
以前、スリのチョンドンが盗んだ指輪が、母が持っていたのと同じ件で調べていたオクニョであったが、ある女性は彼女を呼び出す。
一人でその女性と会い、王宮で 働いていた人が、持っていたと分かり調べたが、何故かみんな亡くなっていると話すオクニョ。
話を聞いた女性は、女官が妊娠したのは合点がいかない!当時、突然いなくなったカビいう女性に関係があるのかもしれない!とだけ話して…。

実の祖父の手紙を読んだジホンは、養父と会い、この縁談を見送りたいとお願いする。
ジホンは、婿になろうとしたために罪のない人たちを捕らえた!もうそんなことしたくないのです!と話すが聞き入れてもらえない。
そんな時、ナンジョンは、毎年秋の入札を邪魔する商団の長に何か罪を着せて捕らえてほしいと頼むが、ジホンは、そんなことができないときっぱり断って…。

ウォニョンが今回の入札を公平に行えと長菅に命じたと聞き、激怒するナンジョン。
一方、王様はまた彼女を呼び出し捕盗庁の実状を尋ねるが、男と会ってると聞き、面白くないテウォン。
王様は、秋の入札等を司る官庁に出向き、今回の使用の入札をじかに見たい!と話す。
その話を聞いたナンジョンは、ライバルの商団が提示した価格を調べなさいと命じて…。

ナンジョンの手下は、子分二人を閉じ込めチョンドンに酒を飲ませ、テウォンの入札価格を調べろ!と命じる。
入札に行ったマングは、途中でチャンドンの子分に入札額の書いた紙をすられる。
テウォン達の入札額が3両だとわかるとナンジョンは、損失を知りながらもに2両50銭と落札額にしてしまう。
結局、ナンジョン達が落札するが、王様の計らいで、国に塩を収めることが決まっていたチェミョンは、大喜びで…。

オクニョ 運命の女(ひと) 19話
ナンジョンは、国に塩を収めることが決まっていても入札に参加した真の目的は、私を騙すための罠だったとわかり、悔しがる。
その頃、今回の成功を祝って宴会が始まるが軍に収めることになった経緯を聞いたテウォンは、これからもあの男に合うのか?と尋ね、もう会わないほうがいいと言って…。

たくさんの収益を上げて喜ぶチェミョンは、今回のことで怒ったナンジョンが心配だからとオクニョに用心しろ!と話す。
心配した通りナンジョンの手下に殴られ拉致されてしまうチョンドンは、どうにか逃げ出し彼女が危ない!と…。
またオクニョと会いに行った王様はいろいろ話をするが、そこにナンジョンの手下に囲まれてしまうと、オクニョの武術で救かる。
テウォン達も彼女を探していたがその最中にナンジョンの手下と殴り合いになって…。

そんな時、署長の部下ジョンフェを連れ現れ、私の言うことを聞いたら署長にしてやる!と言い放つナンジョン。
大妃は、王が外に出たと聞きすぐに探せ!と命じるが、その頃、オクニョと市場で初めてチヂミを食べおいしいと感激して。
そこに来たテウォンは、あの男といた彼女を目にし、もう会わないと約束しただろう!と怒る。
王宮で待ち構えていた大妃は、あなたの外に出るのは私を信じられないからだ!明日から食事を断つ!と怒って…。

ナンジョンの手下となったジョンフェは、囚人に金庫の鍵を開けさせ署長の部屋をあさり秘密の帳簿を持ち出す。
塩の件で怒りが収まらないナンジョンは、賄賂をもらった件で、署長とオクニョを捕らえさせるが、事情聴取を行ったジホンは、盗まれた帳簿を目の前に出して。
署長代理になり、オクニョ達を牢に入れろ!と命じるジョンフェだが…。

オクニョ 運命の女(ひと) 20話
チェミョン達が捉えられている間に、二度と商売ができないように、めちゃくちゃにして来い!と命じたナンジョンで。
ウォニョンは、これで気が済んだだろう!となだめるが、私の一番求めているのは、テウォンが私に土下座することだ!と怒鳴るナンジョン。
そんな時、破談を言い渡されたシネが熱を出したと聞いたナンジョンは、怒りに震える。

署長は自分たちを陥れたのはジョンフェだとわかり、掴みかかるが反対に叩かれてしまう。
テウォンは、今回の件がウォニョンの仕業だと聞き、ショックを受ける。
ナンジョンに脅された養父は、ジホンを呼び出し破談など許さない!と言って…。
彼女と会ってからジホンが変わったと言い出し、オクニョを奴婢にしてとお願いするナンジョン。
マノクに身代わりを頼み牢から出そうとするが、私は行かない!と彼女は、言い張る。

突然、来たジョンフェにすぐに身代わりがバレるが、私はここにいます!と出て来てしまうオクニョ。
チェミョンに命じられたトチ達は、ナンジョンと会い、助けてくれれば、配下となて働いてもいい!と伝えて。
そして、ナンジョンの兄は、牢にいるデシクに、助けてやるから裁きの時に全てオクニョの指示だったと嘘をつくようにと命じる。
裁きの日、それぞれに刑が言い渡されるが、デシクは、塩の情報持ってきたのがオクニョだとバラす。
次に彼に奴婢の刑が言い渡されるとジホンが物申して…。

オクニョ 運命の女(ひと) 21話
デシクは、減俸と降格、オクニョは、国の機密をの入札に悪用した罪で、むち打ちと役所の奴婢となる事に判決を言い渡される。
しかし、ジホンは、茶母が賄賂を受け取り帳簿管理していたとは考えにくいからと再考をお願いする。
機密を探り出したのは私だ!と申し出たテウォンに、三日後に裁きをやり直す事が決まる。
テウォンは、機密を探ったのは俺だと言い張るからお前は何も言うな!とオクニョに命じて…。

店に戻ったジェミョンは、ここの商品を売却しナンジョンの配下になることを伝えるが、テウォンは、俺は辞める!と怒る。
ジホンの提案でオクニョの刑の見直しが決まったと耳にし、あの女とどんな関係だ?と責めるナンジョン。
署長は、降格したデシクに大喜びだが、オクニョに罪を着せたと聞いたチョンドク達は、これからは態度を変えさせてもらうと怒る!
早速、店に来たナンジョンは、刃向かわなけば、何もしないと言うが、テウォンは、商団とは、縁を切ったし、あんたの手下になる気はない!と睨みつけて。

オクニョ達は、塩の情報を流した人物の名前を言おうとしないが、ジホンは、黙っていたら力になることができないと言う。
上司に呼ばれたジホンは、裁きが無くなり、奴婢になることも決まった!と聞いて…。
ジホンは、助けを求めたテウォンに直に父上(ウォニョン)に頼んでみろ!と言って…。
そんな時、同士を、集めたジョンミョンは、国の腐敗をもう見過ごせないと言って…。
命じられ武定宝鑑の作成をしていた部署の者たちの尋問が始まると王様は、私がありのまま書け!と命じた!と尋問を止めさせる。

一方、みんなに見送られ捕盗庁を出たオクニョは、テウォンを探し、何度も振り返って…。
外出中、不意を突かれ怪我を負ったウォニョンは、重体に陥り意識もなくて…。
どうにかオクニョを助けたいジハム達は、王命を偽造して…。
奴婢になるための準備とし山を歩いてたオクニョであったが、山賊が目の前に現れて…。

オクニョ 運命の女(ひと) 22話
山賊に連れ去られ、女だけの部屋に閉じ込められてしまうオクニョ…。
王様は、彼女の奴婢の裁きを命じたのがウォニョンだとわかるが、すぐに都に送り返せと命じる。
その頃、賊に襲われそうになるオクニョであったが、女達だけを集めてるのは明へ売るのが目的だとわかって…。

偽物の王命を持って彼女を迎えに行ったウチであったが、襲われ救われたのは、一人だけと聞きショックを受ける。
襲われ亡くなったかもしれないと聞いた王様は、彼女と一緒だった頃を思い出して…。
戻ってきたウチからオクニョが、いなくなったと聞いた仲間は、涙が止まらない。
一方、オクニョは、頭に会いたいと部屋から出してもらい戦うが縛られているため結局、逃げるのに失敗して…。

ようやく、意識が回復したウォニョンに、命を狙った組織を調べてると話して。
大妃は、関係のない者を捕らえたと聞いたソノ達は、申し訳ないが罪を被ってもらおうと言って。
母親が指示したことでジホンが左遷されたと聞いシネは、まだ忘れられない・・と泣いて。

テウォンは、本当に彼女なのかを確かめるから、賊の隠れ家を調べさせる。
夜、賊の隠れ家を襲ったテウォン達だったが、既に売り飛ばされるために歩かされていて。
様子を見て、賊達に攻撃を仕掛けるが、戦いの最中に負傷してしまうオクニョ。
女性たちと別れ、自分が奴婢になる場所にたどりついた彼女を、左遷されてきたジホンが見つけて…。

オクニョ 運命の女(ひと) 23話
オクニョを見た医師は、刀傷が深く危険な状態だと言って…。
みんなに元気な姿を見せると外出したウォニョンの姿を見たテウォンは、複雑で。
娘が明行きの船に乗せられたんじゃないかと耳にした養父は、捕盗庁を辞める!と言い始めて…。

自分を襲ったと思われる者達の尋問をしている所に行ったウォニョンは、口を割らない男達を叩きのめす。
王命で彼女を調べに来た側近に、もう亡くなったと確認したと嘘をつくジホンで…。

大妃は、イ・ジョンミョンを兵曹の長官にする意向で動いていると聞き、危険な人物だと反対するが、王様は、よく考えて決めたことなので私に任せてほしいと聞かない。
ウォニョンに官職に、就かせてもらえることになるが、署の署長にしてください!と頼むテウォン。
テウォンは、金持ちを思い通りにできるし、今何が一番儲かる取引かもわかると言って…。

一方、長官の夜の相手をさせられることになったオクニョは、自分には神が憑依している!と様々なことを言い当てる。
すべての商団を呼んだテウォンは、気候変動により米が取れないのに米の値釣り上げようとしている者がいる!と話始める。
テウォンに役職を与えたのはウォニョンだと聞いたナンジョンは、怒りに震える。
そんな時、テスが残した地図の場所を探したいと言うジホンは、一緒についてきてほしいとオクニョに頼んで….。

オクニョ 運命の女(ひと) 24話
テウォンを、官職に就けた夫に真意を確かめたナンジョンに我が子に今までの罪滅ぼしをしただけた!と話すウォニョンで。
もう信じられないと話す妻に今度、息子に手を出したら許さない!と、警告するウォニョンだが…。

ナンジョンに、平市署は商団にとって恐ろしい存在だからその気になれば簡単に潰す事もできるからだ!と話すドンジュ。
そして、ドンジュは、裏帳簿は焼いて、当分裏取引も中止だ!と手下に命じる。
一方、テウォンは、今夜漢城府の役人が、平市署の長官と会うから、話の内容をこっそり聞いていてほしいと妓生のギョハに頼む。
テスの遺品探しに出かけようとしていた時、王の兄典興君トックングンと会うが、この方の奴婢になるはずだったと思い出してジホンだが…。

典興君は、山賊から一人だけ助かり、神の声も聞こえると言う女性に会ってみたい!と言い始める。
ジホンは、酒の相手だけだと聞いても、心配でたまらず庭をうろうろして。
徳興君は、自分の運勢を占わせるとオクニョは、息子の一人が王になるかもしれない!と言って…。
典獄署の署長ジョンフェが、意外にも金持ちだと分かったウチは、偽物の囚人を送り込み夜の間だけ外に出たい!と言わせ、相手がお金を要求した時監査官だと嘘をつく。
焦ったジョンフェは、土下座して反対にお金を支払う!と言ってしまうが、影で見ていたデシクは、大喜びで…。

スリのチョンドン達を呼んだテウォンは、ジホンの父が、国の禁じている品物を扱っていないかなどのあらゆる不正がないか調べてほしいと頼む。
徳興君は、最近、興味深い女性と話した!と話すが、王様はまさかオクニョだとは思わなくて…。
王様は、ウォニョンらの反対を押し切りイ・ジョンミョンを兵曹の長官にしたから兄上にも力を貸してほしいと頼んで…。
遺品探しに来たオクニョは、おじい様がウォニョンへの恨みで震えていたことを話すと、ジホンは、敵の婿になるところだった!絶対、恨みを晴らす!と誓って…。
洞窟を見つけ中に入ったオクニョ達は、謎解きのように進んでいくと、大量の黄金と明の皇帝が師匠に与えた勅書を見つけて…。

闇取引の動かぬ証拠を見つけたテウォンは、商団へ行き、ジホンの父を連行すると商団の利益だけでなく、私財も没収され、倒れてしまう。
ジホンが父に会いに行くと、ウォニョン達への恨みを口にしたままこの世を去ってしまい…。

オクニョ 運命の女(ひと) 25話
チェミョンは、財産を没収しファノク(養父)が亡くなったと聞き、テウォンが暴走し始めたと心配して…。
海州から来たソンプンは、彼女の母親の形見をチョンドクに見せる。
次に ナンジョンの商団を調べ、父とは関係ない!と言うテウォン。
テウォンは、この調べは形だけのものだ!監査を受けたとわかれば、公平な役所だという噂にもなり、この商団の評判も良くなると言って…。

オクニョが生きていたとわかり、すぐに会いに行き再会するとチョンドクは、涙が止まらない。
官長は、豊漁祭が始まるのに周易の序文を読み上げる道流が来ないと心配する。
ジハムの弟子がいると聞いた長官は、専門的なことを質問するが、完璧に答えるオクニョに代わりを頼むことにして…。
大妃は、昇進させる臣下の名簿を持って来るが、それを見た王様は、あまりにも偏った人事だと反対するが、ジョンミョンを受け入れたのだから今度は、私の番だ!と聞かない。
ウォニョンと会った王様は、いつまで母親に縛られるのか!と悩みを打ち明け、民の実情を見に行けるように手を貸してほしいと頼んで…。

大漁祭が始まると、立派に序文を読んだオクニョに、喜ぶチョンドクだったが、その頃、本物の道流は、閉じ込められていて…。
オクニョに最後の問題を出した官長は、許してもらえるなら昭格署の道流にしたい!と申し入れる。
官長は、今の地位を解消するから私と一緒に都へ行こう!とオクニョへ話して…。

オクニョ 運命の女(ひと) 26話
王様と会ったソノは、度重なる凶作で上に苦しむ民が大勢いるのに、寺の改築で国財を使うなんて許されません!と大妃の行動を批判する。
大妃に会いに足を運んだ王様は、ウォニョンと一緒にいるテウォンに驚くが、認める訳にはいかない!と話して…。
一方、寺の改築を用立ててくれと言われたテウォンは、考え込むがウォニョンは、これはまたとないチャンスだ!と喜んで…。

帰ってきたチョンドクは署に戻り、彼女は、みんなに挨拶をして…。
ハジムと会ったオクニョは、工作員をせざるを得なかったのは、母がなぜ斬られてしまったのかを調べるためだった!でも、今の目標は、ウォニョンへの復讐だ!と言う。
そんな時、ナンジョンの商団とチェミョンの商団に科挙で使う紙を買い占めさせて2つの商団が得た利益の3割を国に納めるようにと提案したテウォンで。

父の力で官職に就き、ナンジョンと仲間として動いた人の事は、もう信用しない!と彼を冷たくあしらうオクニョだが…。
殴りつけたジホンは、ウォニョンのの犬だったのか?と言うが、テウォンは、力をつける為に官職を得た!と話すが…。
道流としてオクニョが、宮中に居ると聞いた王様は、早速、顔を見に向かい、今まで会えなかった経緯と道流になったと聞き感心して…。

オクニョ 運命の女(ひと) 27話
オクニョに批判されて落ち込んだテウォンは、妓生のソジョンに、俺は変わったか?と尋ねるが、もっと変わるべきだ!と言われて…。
役所を辞め仲間を集めたジホンは、商団を立ち上げるが、今のところは極秘に行動してほしいと頼む。
オクニョは、最初の仕事は紙の元になる木コウソを買い占めるように命じる。

ソノに連れられて、ある屋敷に連れて行かれたオクニョは、待っていた女性に母親の事を聞かれ、指輪を見せる。
尾行した男は、彼女が入った屋敷が、イ・ジョンミョン邸だと報告するとみんな一緒に始末する!と言い放つナンジョン。

スリを働いたマノクは、見つかってしまうが、きれいに着飾らせたギョハは、妓生にならない?と誘う。
一方、コウソを買い占め、紙を作らせたジホンは、この紙を買い占めると、紙もコウソも 2倍の値に跳ね上がる。
テウォンは、高い値で売っていてももっと高くればいいんだ!科挙を受けるには紙が必要だから絶対売れる!と。
その頃、、仲間達に国でやろうとしてる科挙をやめさせる!と言いだすオクニョで…。

オクニョは、王様と通じている男と会い、科挙にまつわる紙の買い占めの話や、ナンジョンが、民の心を揺さぶるつもりだと話して…。
王様に科挙の許可をもらいに来たウォニョンは、王様に断固、許可しない!と言われ大妃に報告する。
会いに行った大妃に王様は、話したいことはわかるが、科挙の実施は許可できない!の一点張りで…。

オクニョ 運命の女(ひと) 28話
科挙がなくなると聞き焦ったナンジョンは、王様のせいだと言っても責任を取らせると怒る。
そんな時、ジホンは、家の前で待っていたシネを無視して…。
仲間にジハムも仲間に入る事になりオクニョは、100人力だ!と笑う。
ウォニョン達を呼んだ大妃は、王様は、私の声に耳を傾けない!このままでは実権を握られてしまう!と心配する。

一方、テウォンは、今回の失敗で1人で酒を飲み落ち込むが、ソジョンは、今は、迷いを捨て財源を確保し大妃様に認められるのが先だ!と話す。
刑曽の長官の命が伝えられたジョンフェは、署長から降格になり、デシクが署長になる。
商団を呼んだテウォンは、税の見直しをすると告げるとチェミョンは、一律に高税率を化されたら小さい商団は、潰れてしまう!と反対するが…。

テウォンは、ナンジョンの商団には、紙も買い取るし税も納めなくていい!と言い、商団からもらった税金を集め3万両を大妃に渡して…。
一方、男達を集め、動物に毒を食べさせて都に疫病が出たと大騒ぎにして、昭格署に祭事を命じたナンジョンで。
オクニョと会った王様は、君が言っていた通りおかしいことが起きた!これはあの女達の仕業か?と聞いて…。

オクニョ 運命の女(ひと) 29話
科挙がなくなると聞き焦ったナンジョンは、王様のせいだと言っても責任を取らせると怒る。
そんな時、ジホンは、家の前で待っていたシネを無視して…。
仲間にジハムも仲間に入る事になりオクニョは、100人力だ!と笑う。
ウォニョン達を呼んだ大妃は、王様は、私の声に耳を傾けない!このままでは実権を握られてしまう!と心配する。

一方、テウォンは、今回の失敗で1人で酒を飲み落ち込むが、ソジョンは、今は、迷いを捨て財源を確保し大妃様に認められるのが先だ!と話す。
刑曽の長官の命が伝えられたジョンフェは、署長から降格になり、デシクが署長になる。
商団を呼んだテウォンは、税の見直しをすると告げるとチェミョンは、一律に高税率を化されたら小さい商団は、潰れてしまう!と反対するが…。
テウォンは、ナンジョンの商団には、紙も買い取るし税も納めなくていい!と言い、商団からもらった税金を集め3万両を大妃に渡して…。

一方、男達を集め、動物に毒を食べさせて都に疫病が出たと大騒ぎにして、昭格署に祭事を命じたナンジョンで。
オクニョと会った王様は、君が言っていた通りおかしいことが起きた!これはあの女達の仕業か?と聞いて…。

オクニョ 運命の女(ひと) 30話

待ち伏せをしていたウチ達は、ナンジョンの商団が受け取る薬剤を奪って….。
シネを追い出したナンジョンは、これで終りにしようと睨むが、そこに薬剤を奪われた!と連絡入る。
ナンジョンは、命を奪え!と命じるが、違う場所に移動された彼女を助けに向かうテウォンで
そんな時、ナンジョンは、平市署の薬剤が出回り、今まで通り高値で売れなくなったと知り、テウォンの仕業だとわかる。
大妃に呼ばれたテウォンは、疫病が嘘で、薬材を高く売るにナンジョンが企てた噂になってるから薬材を流した!と話すが….。

王宮殿の尚宮様と会い、あの女との因縁を話し始めるオクニョ。
元気がないカビと連絡が来て会う予定だったが、そのままいなくなってしまったと言う尚宮。
カビの事で、どこへ行った?とウォニョンに責めてきたから、きっとあの男が命を奪ったと話して….。

そんな時、王様と会ったテウォンは、疫病は嘘だった!その理由は、寺の改築費用を捻出する為と、王様の謹慎させたい為だったと話す。
そして、先日、彼女の命を奪おうとしたと聞き激怒した王様は、ナンジョンを捕まえろと命じる。
すぐに王に会った大妃は、今回の件だけは引き下がらない!と怒鳴る。
ナンジョンと商団の者達が捕らえられると焦った大妃は、この情報を王様に伝えたものを探せと命じ…。

オクニョ 運命の女(ひと) 31話
オクニョは、都では疫病騒ぎでパニック状態だったと言うが、でも今度ばかりはナンジョン達は、逃れられないと話す王様で。
自身の今は亡き母の正体がわかった!そしてそれはウォニョンが送った刺客であったと彼女に聞いた王様は、驚いて….。
ウォニョンは、妻に会いに来たと言うが、聞き入れてもらえず、追い返されてしまう。

帰宅したオクニョに、お前の母親の形見は、指輪だけでなく高価な髪飾りもあったが、それがナンジョンの手に渡ってしまったと謝るチョンドクで。
そして、その後に、髪飾りを見つけたジョンフェが尋問と暴行を受けたから何か秘密がある様で怖い!と話して….。
テウォンと会い、これからも民の世情を聞くためにオクニョと会うつもりだが、彼女には私が王だとは、話さないてほしい!これは王命だ!と命じる。
その頃、ナンジョン達の尋問が始まるが、きっと旦那様が助けてくれる!と耐えて、口を割らない。

テウォンが今回の薬の買い占めや疫病のでっち上げなどで捕まった!今があっちの商団を配下に収める時だと聞いたチェミョンは、途端に機嫌が良くなって。
尚宮と会い、母親の形見について尋ねると、自分が持ってる物を見せ同じものかどうかを確かめてきなさい!と言われるオクニョ。
しかし、同じものだと確認してまた会いに行くと尚宮は、この事についてはまたいずれ話そう!と教えてくれなくて…。
自分らを探しに来た男達から逃げたチョンドンは、自ら典獄署に入る。
ナンジョン達も署に来ると、署長のデシクは、何でも言って下さい!と特別扱いはするなと言う王命に背く。

王は、本当は前任者が後任者を決めることになっているが、母上達が勝手に決めていたことも知っている!もし、ナンジョンを放免してほしければ、重要なポストを自分が決めたい話す。
大妃は、今守るべき人は財源を持っているナンジョンだ!王様の提案を飲もう!と言う。
ナンジョン達が放免になったと聞いたテウォンは、抗議するが、王様は、政治的絡みでなすすべがなかった・・と話して。

オクニョ 運命の女(ひと) 32話
罪が明らかなのに放免となるのが許せない!と不満をあらわにするが、それにより王様が力を得たと聞き納得するオクニョ。
家はどこかと聞かれた王様は、適当にごまかすが、結局、ジョンミョンの家の前に行くとここに居候していると嘘をつく。
王様が突然訪ねてきて驚く、ジョンミョン達だったが、話を合わせて….。
王様に、昔女官たちが謎の死を遂げたことを聞かれたハン尚宮は、知らないと答えるが、動揺を隠せない。

疫病を偽った村にオクニョが医師を連れて入ったから、あの女が王様に暴露したんじゃないか・・と疑うが、まさか王様に会える訳がない!と話すナンジョンで…。
ジョンミョンは、人事権を握れる官職に推薦したい!と言われたジホンは、考え込む。
そんな時、船団の運用権利を持つ大行主と接触したウチは、店主に盗品を売ってもらい…。

一方、占い好きのチャ・グミョンと会ったオクニョは、取引を成功させたいなら東から貴人の言うことを聞け!と嘘の占いをする。
部下を集めたテウォンは、中秋節に必要な大量の果物と干物を商団が買い占める前に、お前たちが買い占め値段の高騰を抑えろ!と命じる。
王様は、先王の女官たちが次々と命を落とした事実を大妃に突きつけるが、そんな話を知らない!と言われて。
すぐにウォニョン達を呼んだ大妃は、女官たちの命を奪った理由まで知られたら大変なことになる!と話し、王様に情報を話している者がいるはずだから突き止めろと。
ウォニョンは、最近、王様と会い、疫病の話をしたのが、テウォンだと聞き、呼び出し殴りつけるが、それが誤解だとわかる。
大妃が王様と会ってる輩を探し、排除してしようと企んでいると耳にしたテウォンは、驚いて….。

ソノ達と相談したハン尚宮は、女官たちが亡くなったのは、先の王様の毒殺を知ったからだ!そして、それを企てたのは大妃だと曝露する。
王様は、それは全て自分を王様にするためだと聞かされ、大きな衝撃を受ける。
王様が見張られてるとわかり、あの人とは会うな!と彼女を止めるテウォンだが….。

オクニョ 運命の女(ひと) 33話
ずっと無視されているテウォンは、あの連中の仲間になった訳がある!と訴えると、私の母親の命を奪った相手がウォニョンだ!と彼女から聞かされる。
オクニョが来ずがっかりな王様は、酒を飲むに行くが、相手をしたソジョンは、話を聞きますと言うが….。
テウォンは、大妃があなたを見張り、会ってる人物がわかったら命を奪え!と命じていると王様に話す。

イジョジョンナンになる事にしたが不安だと話すジホンに、今、好き放題にしてる者たちを排除する為に私達は、今より力をつける必要がある!と励ますオクニョで。
酔って帰った王様は、大妃と会い、兄を毒殺し、罪もない人々の命を奪ったのですか?と尋ねる。
そして、それを解決するには母上を断罪し王座を退き命を絶つしかないと考えている!と泣くが、大妃は否定して…。

集めた男達に、オクニョは、武術を一から学んでもらう!と話す。
そんな時、イジョジョンナンの官職になったのがジホンだと耳にした、驚くナンジョンで….。
一方、ホン・マンジョンを訪ねた仲間は、商団の為に船団の運用の権利があるあなたに手を貸してほしい!承諾してくれるなら放免してやる!と話を持ちかける。

そんな時、囚人の記録もせずに牢に入れたのを不思議に思ったチョンドゥクが調べてみると高利貸からお金を借りて返さない民をだとわかる。
ジョンフェが、牢に入れておく代わりに賄賂をもらっていたと聞いた署長は許さん!と言いながらも、取引をしてしまう。
ソノ達は、亡くなった母親が王の寵愛の際にもらえる飾りを所持してたのを目にし、もしかしたらオクニョが王女なんじゃ?と疑うが….。
ジェミョンもまた商団をまとめたい!と根回しを始めるが自分たちより先に動いている商団がいたが正体がわからなくて…。

オクニョ 運命の女(ひと) 34話
こっそり、オクニョと会った王様は、今、お前と会ってるのがバレると迷惑がかかるから、今までのようには会えない!と言って….。
一方、カビの最後を看取ったケトンは、内禁衛の隊長イ・ミョンホに赤ん坊が生まれたと伝えてほしいと頼まれたと明かす。
当時、家を訪ねたがその時、家の者がみんな捕らえられているのを見て怖くなって逃げ出したと….。
大行主として挨拶し、私たちが手を組めば国一番の商団になれる!ナンジョンに勝つ為の計画を伝えると話したオクニョだが….。

宮中にいたオクニョを呼んだ大妃は、茶母だったのに道流になった彼女に実に感心だ!と褒め、署で発見された髪飾がなぜあそこにあったのか調べてほしい!と頼まれる。
そんな時、ジホンが選出した人事を見た王様は偏りがなく見事な人事だ!と褒める。
闇取引で捕まり典獄署にいたはずの男チン・スミョンが命を奪われるが、その犯人としてチョンドゥクが捕まってしまい….。

オクニョ 運命の女(ひと) 35話
ナンジョン商団のスミョンという人物の命を奪ったと拘束されたチョンドクをみんなで心配するが、ジョンフエは、典獄署にいたはずの人物が外に出ていたことが問題だ!と言って。
そして、ドンジュの頼みとはいえ外に出したのが署長だから首になるかも・・とびびらせる。
ナンジョンのお金を一緒にくすねていたスミョンが亡くなった事にドンジュは焦って。
裏金の金庫番が亡くなったと聞いた慌てて来たナンジョンに資金のことは心配しなくても大丈夫だと安心させるドンジュで…。

一方、ウォニョンが好きな下女のチョングムは、奥様に脅されても、寵愛を待ってる!と誘惑をやめない。
月、太陽、星などを祀る祭儀を盛大にに執り行いたいと言う大妃と質素にしなさいと言う王様に挟まれた官長は、困ってしまう。
祭儀に出れば道流の彼女と顔を合わせる事で悩んだ王は、外でこそこそ会うより自分の正体を明かす決意をし…。
署で見つかった飾りついて聞かれ、本当の持ち主がわからないと言うオクニョへ、あの飾りは、中宗大王のご寵愛を受けた証だ!と伝える大妃で…。

その頃、拷問を受けたチョンドクは、賭博のスミョンの借金が棒引きになったと訴えるが、聞いてもらえない。
チョンドクが前日にスミョンと飲み喧嘩までして、更に、命を奪う瞬間を見たという証人もいると聞いたオクニョ達はびっくりで。
取り調べを受けたマノクは、初めは上機嫌で飲んでいたが男がオクニョを俺の女にすればお前も安泰だ!と言われ喧嘩になったとテウォンに話す。

裏帳簿探しにきたチョンドン達は、金庫からみつけて持ち去るが。
大妃と会った王様は、国費を浪費する昭格署を廃止します!と告げ、これからは国の事は王である自分が考える!と言って。
テウォンは、以前、法に無知な罪人の代行で捜査したりする外知部という者がいたと彼女に話す。
そして、オクニョは、法で認められているから探し出せばきっとチョンドクさんを助けられる!と教えてくれたテウォンにお礼を言って…。

オクニョ 運命の女(ひと) 36話
昭格署の廃止などさせまいと重臣達と話し合うウォニョンだったが、王宮の前に沢山の儒学者達が座り込みを始める。
その様子を見たウォニョンは、たくさんの役人たちと斧を側に置き、廃止撤回を求めるが、王様はこれ以上国費を貪るのは許せない!勝手にしろ!と背を向けて…。
とうとう長官に昭格署を辞めると告げたオクニョだったが、お前がやめれば奴婢に戻す!と脅されて…。

テウォンは、外知部だった男とようやく会るが、都を追われ家族も財産も無くしたから二度とやる気はない!と言われてしまい…。
亡くなったスミョンの遺体を見た手足の爪の変色や舌が奥に入り込んでるのを見たオクニョは、刺し傷が致命傷ではないとわかって…。
そんな時、王様の命に背き祭儀の準備をさせた大妃を法で裁くと言い、大臣達の拘束を命じた王様で…。

テウォンは外知部の勉強を徹夜で始め、自分が弁護するとオクニョに言う。
一方、チョンドクの裁きの日が来ると監視官の証言から、極刑を言い渡されようとしていたその時、外知部として弁護すると入って来るオクニョ。
そして、この件は隠蔽と捏造に満ちている!改めて捜査の再開をお願いしたい!と。
オクニョは、借金の件は、牢屋から出すと言う条件で棒引きになっているし、裏帳簿にも記されていたと話す。
チョンドクが命を奪うところ見たと言う証人が糖尿病で月もかけていたのになぜはっきり見たと言えるのでしょうか!と指摘する。

更に、監視を行った者への疑惑を明らかにすると、監視係は、隊長に刺傷だけ見ろ!と命じられたと暴露して。
もう一度、監視のやり直しをすると言う裁判長にもうすでに埋葬は終わってると耳にし、掘り起こして調べることを要請するオクニョであったが…。
一存では決められない裁判長に意見を求められた王様は、遺体を掘り起こす命を出して…。

オクニョ 運命の女(ひと) 37話
遺体を掘り起こしてでも監視のやり直しをせよ!と聞いたオクニョ達は、ガッツポーズを取る。
仲間は大したもんだ!とオクニョを褒めるが、始まる前にテウォンがおじさんの無実だけを訴えることに集中しろ!と助言された事に感謝する。
窮地に陥ったドンジュは、もう1人口を塞ぐ者がいると言って…。

そんな時、想像妊娠中のチョングムに激怒し、本当に私の座を狙っているのか?と使用人の長から降格させるナンジョン。
以前、外知部をしていた男を呼び、外知部の教育を任せたいと言うが、男はいくら教えても上から潰される!と言う。
そんな中、食事を断っていた大妃が倒れたと耳にし急いで足を運ぶが、王を操っている者を引き離せ!と命じられるウォニョン。

新しく監視が始まるが、そんな時、トンチャンは、稼ぎの良い仕事があるが・・とチョンスに持ちかける。
辞表を提出し外知部をした事に怒った長官は、お前を奴婢に戻してやる!とオクニョを脅す。
今回、外知部をしたのが彼女だと聞いた王様は、再び会い外知部がいればしっかりとした裁きを受けられる事がわかって。

オクニョにもしかしたら奴婢に戻るかもしれないと聞いた王様は、長官を呼びどうせなくなる部署なのだから奴婢には戻さないようにと命じる。
判決の日、新たな監視で毒で亡くなったとわかり、チョンドクの無罪が決まり、今回の件でいい加減な捜査を責める。

とうとう、ナンジョンに土下座をして謝ったドンジュは、裏金の使い込みや、再捜査が始まったら俺たちはもう終わりだ!と話して。
商団が買い占めた果物などが航路を絶たれ、都に持ち込めない事になり、ドンジュは困ってしまう。
道流の長官は、王様に口止めされたのにナンジョンに、二人で王宮の外で会っていると暴露してしまう。
隊長に大妃が待ってると呼び出されたオクニョであったが、そこに待ち受けていたのはウォニョン夫妻で…。

オクニョ 運命の女(ひと) 38話
王様を潰したいウォニョン達は、彼女よに署を再建させる為にに手を組まないか?と話を持ち掛ける。
ナンジョンは、黙って帰すべきではなかった!と言うがウォニョンは、こんなスキャンダルがみんなにばれたら王様の信頼は失墜する!と笑う。
チョングムが辛い目にあっていると聞いたウォニョンは、そっと行って慰める。
どこに行っても船を借りれないドンジュは、仕方なくテウォンに頼みに行くが、考えてみる!とあしらわれて…。

そんな時、芸妓のソジョンは、兄が外知部だったけど何者かに命を奪われたと話し、兄のためにも手伝わせてほしいとテウォンに頼む。
一方、一向に食事もとらず薬も飲まない大妃を見舞った王様だったが、もうあの世に逝っても悔いはない!と言われて…。

王様に良くない話が出回っていました!王様が彼女と外で密会してるという噂です!と話すウォニョン。
そして、そんなスキャンダルを払拭するためには自らオクニョに罰を与えてください!と言う。
王様は、自分が王だとと名乗らずに会い、オクニョに心が揺れているのも事実だ…と考え込んでしまう。
ウォニョンに呼びだされ、彼女への気持ちを聞かれ、彼女の事は愛していると告げるテウォンで…。

家を訪ねてきたユグムは、私と一緒に暮らしませんか?と勇気を出して告白するが、チョンドクは、ドキドキで。
今回の件で命を狙った首謀者だとだと捕盗庁に兄が捕まったと聞いたナンジョンは、隊長を買収し、どうか助けてほしいと頼む。
オクニョは、髪飾りの意味が分かったとハン尚宮と会うが、王宮から逃げた時付き合っていた男と一緒に逃げたからどちらの子供かは断定できない!と言う。

テウォンは、あの方に接近するのは、もうやめたほうがいいと止め、仕事を辞め外知部を育成していこうと決めた!お前も力を貸してほしい!とオクニョに話す。
カビと一緒に逃げたミョンホンに会いに行ったソノだったが、長い逃亡生活の末疲れ切った体はもう悲鳴をあげていて。
医者に診てもらいようやく目覚めたミョンホは、一瞬、警戒するが、ハン尚宮の知り合いだと聞くと安心する。
出産後、カビは亡くなりその子供を守っているとソノに聞いたミョンホは、逃亡中、彼女と離れてしまったと話して…。

オクニョ 運命の女(ひと) 39話
宮廷に呼んだ王様は、もし女官になったら側室にななければならない事もあるからここで働かないか?と言うが、心を、寄せている人がいると告白するオクニョ。
王様はすぐに相手がテウォンだとわかるが、オクニョは、彼と悪縁があるから結ばれないと話すが。
王は、ハン尚宮に側室の条件を尋ねるが、後継者の関係もあるから身分は大事だと聞いて。
その頃、ミョンホと会い王様の寵愛を受けて妊娠をしたと聞き。彼女が王女だとわかるソノで…。

トンチャンに事件の検視をした男の始末を命じられたチョンスは、言われた通り始末した!と嘘をつく。
船がなく困るトンチャンは、船の持ち主を責め、商団の大行首にオクニョがなったと知る。
この状況のままほっとくわけにはいかないから彼女を始末して!と夫に訴えるが相手にされないナンジョン。

ジェミョンは、外知部の育成の為に刑務所に囚われてる囚人から事情を聞くために出入りを認めてほしいと頼む。
一方、最近、気持ちが悪いチョングムは、妊娠したとわかり、大喜びで。
ナンジョンに送られた刺客に襲われたオクニョは、武術で立ち向かいテウォン達に助けられるが負傷してしまう。。
王様は、すぐに主治医を向かわせるが、その頃、ウォンニョンは、妻を疑って…。

そんな時、明の国境で、品物を奪われたと商団の証人達が戻って来るが…。
彼女を守るには、女官にする方法しかない!と王は、話すが…。
都に戻ったソノは、やっぱりカビがご寵愛を受けてたと尚宮に伝えて…。

オクニョ 運命の女(ひと) 40話
王女だとわかったハンは、王が、彼女を側室に望んでいるとソノに伝えるが、そこに襲撃があった!と連絡が入る。
王は、オクニョを見舞いたい!と言うが側近は、強く止める。

私に歯向かった者に罰を与える!と言い放ち、チョンドン達に誰が彼女の下で働いてるかを白状させるナンジョンは。
商団の主人達に今回は目をつむるから言うことに従え!と脅すナンジョン。
一方、ジホン達は、誰よりも早く明の使者と会いたい!と王様に頼むが…。
テウォンは、署を去り外知部の発展に力を入れる!と言うが、もしそんな事をしたら家族の縁を切る!と賛成しないウォンニョン。
オクニョに刺客を送った事は決して許さない!罪を償わせる!と言うが、ナンジョンは、誰かわからないが感謝してる!と言って。

ようやく目覚めたオクニョと会ったソノは、危篤のミョンホに会わせ王女である事を告げる。
ミョンホは、母親との出会いや王様の命を奪う計画を聞いたカビが怯え、一緒に王宮を出たことを話す。
逃亡中に王様の子を妊娠したことを知るのがお腹が大きくなる中、離れ離れになった!とオクニョに話して…。

韓国ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」日本語字幕で動画をフルで無料視聴できる! まとめ


オクニョ 運命の女(ひと) 日本語字幕や吹替えで動画をフルで無料視聴できる!を見てきましたが、満足いただけましたでしょうか?
気になるのは二人の恋の行方ですね。話が展開するにつれ、オクニョの誕生にまつわる秘密が明かされ、オクニョとユン・テウォンの関係は朝鮮版ロミオとジュリエットのよう話に展開されていきます。おすすめできるドラマです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする